ファクタリング

ファクタリングとは金融業界用語で、単にファクターとも表現されることがあります。このファクターはビジネスでもよく使われる言葉ですが、金融業界で使われる場合とは全く意味が違うので注意してください。

ファクタリングの意味とは

ファクタリングとは、売掛金の買取を行う金融サービスのことです。売掛金はご存知のように、債権として譲渡することが可能です。それを利用して、まだ現金にはなっていない売掛金を現金化してしまうことができるのです。(当然、売却側、買取側共に合法的な行為です)
最近では、これを専業としているファクタリング専門会社という存在も多くなってきました。扱うのが売掛金だけに、対象は必然的に企業となり、BtoBのビジネスモデルになります。

ファクタリングの由来

ファクタリングという言葉の由来は、ほとんど同じように使われる言葉の「ファクター」を行っているという意味からです。金融業界において、このファクターとは売掛金の買取行為を表します。それが進行形のファクタリングという言葉になることで、より金融サービスだということが分かりやすくなったと言えるでしょう。
ビジネスの世界では、ファクターは理由、要因、原因という意味で使う言葉です。その為、金融業界で使う場合と大きな違いがあります。諸説に依ると、その意味の違いによる間違いを無くす為に、ファクタリングと進行形にしたという説もあります。

ファクタリングの文章・例文

例文1.急場凌ぎにファクタリングという手があった
例文2.少しでも高く買ってくれるファクタリング会社を探そう
例文3.もうファクタリングしか手段がない
例文4.ファクタリングで何とか運転資金を確保できた
例文5.今回のファクタリングは割引率がよかった
ファクタリングは売掛金を買ってもらう金融サービスだけに、その割引率が重要です。例え100万円の売掛金でも、その全てが現金化できる訳ではなく、割引率が10%なら、90万円の現金になるという具合です。この割引率は、売掛金の支払日や相手先の世間的な信用度などによって上下します。

ファクタリングの類義語

ファクタリングの類義語は、「手形割引」という言葉です。この手形割引とは、売掛金としても扱うことがある約束手形を、その支払期限前に割り引いて買ってもらい、ファクタリングと同様に現金化することです。これは昔から普通に行われています。
ファクタリングは比較的最近になって流行り始めましたが、この手形割引を大いに参考しているのは間違いありません。どちらも企業が急場を凌ぐ為の金策としてよく利用されています。

ファクタリングまとめ

ファクタリングはBtoBのサービス形態なので、一般の人が実際にこれを利用する機会はまずないと思いますが、そのような言葉あるということだけでも知っておいて損はありません。

この記事を読んでいる人に人気の記事