ビットバレーにはITベンチャーがある

ビットバレー(Bit Valley)

東京の渋谷エリアがIT系の起業が増えてきたことから、その地域が別の呼び方で呼ばれるようになりました。シリコンバレーからとって、「ビットバレー」と呼ばれています。この「ビットバレー」という言葉の意味に関して解説をしていきたいと思います。

ビットバレーの意味とは

ビットバレーという言葉はシリコンバレーからきており、ビット=ビター=渋い、バレー=谷というところから来ていて、ITバブルの影響で、渋谷地区にIT関連のベンチャー企業が増えたことから、ビットバレーと呼ばれるようになりました。

ビットバレーの由来

1999年2月に渋谷区のベンチャー企業の経営者達によって発表された、有能な起業家を輩出するための活動が「ビットバレー構想」がきっかけとなっています。そこから2018年の7月に、「GMOインターネット」「ミクシィ」「サイバーエージェント」「ディー・エヌ・エー」によって、渋谷をIT分野の世界的技術拠点に使用という目的から、「SHIBUYA BIT VALLEY」というプロジェクトのスタートが発表されました。

ビットバレーの文章・例文

例文1.ビットバレーに加わる為に、渋谷近辺でIT会社を立ち上げようと考えている
例文2.わが社はビットバレーの一つの会社として日本の経済発展に貢献していく所存だ
例文3.ビットバレーにはどういうIT企業があるのかを詳しく知りたい
例文4.あの区画にあるIT企業もビットバレーに含まれているのだろうか
例文5.日本経済を盛り上げるための一つの要因としてビットバレーというプロジェクトが立ち上がったそうだ
ビットバレーを単体の言葉としてみた時に、特定の条件が揃った状態で使われる単語なので、故事成語のような幅広く使われるような言葉に比べると、使う機会は少ないかと思います。

ビットバレーの会話例

  • 質問者アイコン

    今度、渋谷に就職面接に行くんだ。

  • 回答者アイコン

    渋谷ってそんなに会社ってあったっけ?業種とかどこなの?

  • 質問者アイコン

    IT業界。ビットバレーと呼ばれるIT関連のベンチャー企業が多いから行ってみたいんだ。

  • 回答者アイコン

    なるほどね。頑張ってね。

渋谷に就職面接に行く人との会話でした。ビットバレーにつきましても、その特定の地域を指すということを覚えておいてください。

ビットバレーの類義語

ビットバレーに似た取り組みとして、品川区の五反田地区のベンチャー企業が終結した「五反田バレー」が設立されました。スタートアップの起業が五反田に集結したことで発足され、そこに参画している企業は40~50社とも言われています。

ビットバレーまとめ

「ビットバレー」や「五反田バレー」の様に、日本の経済の中心地である東京の各地域で、町おこしならぬ国おこしとも言えるような動きが高まってきています。こういった言葉が使われる地域も今なお増えていく可能性もあるので、各地域の特徴や名前の区別が出来る様に参考にして下さい。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事