ビジネスリテラシーを高める

ビジネスリテラシー(business literacy)

「ビジネスリテラシー」と耳にしたことがありますか?ビジネス用語のひとつで、他にも〜リテラシーという言い方をすることが増えてきました。もし「君はビジネスリテラシーが低いよ」と言われたら自分を改めなければいけないという認識で良いでしょう。今回はビジネスリテラシーについてご紹介します。

ビジネスリテラシーの意味とは

〜リテラシーは、分野に対しての知識が備わっているという意味で、ビジネスリテラシーは、ビジネスに関しての知識や教養があると言う意味です。知識を判断する場合にはあるなしで表現しますが、この場合には能力の差を表すので高い低いという表現方法もあります。ビジネスリテラシーでは物事のロジックを立てて考えることが出来るのか、コミュニケーションを取ることや対人関係を大事に出来るかなど、ビジネスの中で基本的な部分を示しています。例えば、これが金融リテラシーになると金融関係の基本的な能力と判断について示していることになります。

ビジネスリテラシーの由来

リテラシー(literacy)は英語で翻訳すると読み書きする能力にあたります。この英語はラテン語が語源であり、教育を受けて文字をわかっている人のことを意味します。英語のリテラシーよりもラテン語の方が、日本の〜リテラシーにより近いニュアンスのように感じます。

ビジネスリテラシーの文章・例文

例文1.あの人はビジネスリテラシーが低いから毎日、上司に怒られてしまうのだろう
例文2.今年の新入社員は、ビジネスリテラシーが高いので安心して仕事を任せることが出来る
例文3.ビジネスリテラシーを取得できるチャンスがビジネス検定である
例文4.ビジネスリテラシーが高い社員は出世することが多い
例文5.彼女は情報リテラシーが高いけれど、ビジネスリテラシーでは勉強が必要だね
〜リテラシーは英語のまま用いているのでニュアンスの部分もありますが、どれも能力について表すことが殆どです。

ビジネスリテラシーの会話例

  • 質問者アイコン

    新入社員が入ってくる時期になりましたね。

  • 回答者アイコン

    今年は、どんな人がくるだろうね。

  • 質問者アイコン

    ビジネススキルよりもビジネスリテラシーが高い人のほうがいいな。

  • 回答者アイコン

    確かに。一から教えるのは大変だからね。

ビジネスリテラシーが高い人ほど、たくさんの成果に貢献しているイメージがあります。ビジネススキルももちろん大切ですが、その基盤となるビジネスリテラシーにも注力したいですね。

ビジネスリテラシーの類義語

「コンピテンシー」という言葉は、リテラシーと間違えらえやすい言葉ですが、意味が異なります。コンピテンシーは仕事で業績を出す経過の方法を意味しますので、リテラシーが高い人という意味では共通するかもしれませんが、違う言葉なので間違って使わないようにしましょう。

ビジネスリテラシーまとめ

〜リテラシーは、その分野の中で理解力を示すものです。社会人であればある程度のビジネスリテラシーを理解しておくことが大事です。ビジネスリテラシーがあれば、より一層仕事で活躍を見込むことが出来るでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事