ヒエラルキーの構造

ヒエラルキー(hierarchy)

「ヒエラルキー」という言葉をご存知でしょうか?この言葉は、現代社会ではあまり用いられませんが、学校の社会の授業などで聞いたことがるのではないでしょうか。聞いたことはあるけど、なんとなくしかわからないというような人のために、この言葉について解説をしていきたいと思います。

ヒエラルキーの意味

ヒエラルキーというのは、ピラミッド型の縦構造の組織のことを指しています。例えば会社においては、一番上が社長、その下に副社長、その下に専務といったような成り立ちをしているものがヒエラルキーと呼ばれます。つまり日本においても大半の企業はヒエラルキーの体型が成り立っていることになります。
ヒエラルキーという言葉は”社会”という言葉と結びつけられることもありますが、これは1つの国という単位の中で「王」や「殿」といったような1人の支配者を頂点として、支配者に使えるもの→富裕層→貧困層といったような格差がヒエラルキーが指すピラミッド構造を構築することから、そう認識されます。

ヒエラルキーの由来

ヒエラルキーという言葉は英語で「hierarchy」となり、「階級組織」や「階層」といったような意味を持っています。その語源としては、古代ギリシア語の「司祭長による支配」という意味を持つ「ヒエラルキア」という言葉からきています。

ヒエラルキーの文章・例文

例文1.日本における企業はヒエラルキー構造が当たり前だ
例文2.ヒエラルキーであることよりも横のつ繋がりを強化したい
例文3.ヒエラルキー社会は現代日本には当てはまらない
例文4.かつての日本はヒエラルキー社会であったと言える
例文5.ヒエラルキーであるからこそ成り立っているものもある
ヒエラルキーは構造を指す言葉なので、そこに対しての善悪というのは存在していません。あるのは必要か不要の判断になるでしょう。

ヒエラルキーの会話例

  • 質問者アイコン

    最近、転職を考えているんだけど希望に見合うような会社がなかなかないんだよね。

  • 回答者アイコン

    どういうところがいいの?
    例えばこういう会社とか。

  • 質問者アイコン

    昔ながらのヒエラルキーが濃い会社じゃなくて、より横の繋がりに重きを置いている企業がいいなとは思っているんだよね。

  • 回答者アイコン

    じゃあ少人数の会社とかになるのかな。

体型的にはヒエラルキーであったとしても、現代の中で増えてきているベンチャーやスタートアップ企業でヒエラルキーを意識させないような体制をとっている企業が増えてきているようです。

ヒエラルキーの類義語

ヒエラルキーの類語としては、「カースト」や「格差社会」や「階級制度」といったような言葉が挙げられます。

ヒエラルキーまとめ

ヒエラルキーという言葉について解説をさせていただきました。言葉の意味を知ることで、そうした社会の歴史にも触れることになるので、是非理解を深めてみてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事