パーソナルカラーを選ぶ

パーソナルカラー(Personal Color)

あなたは自分の「パーソナルカラー」をご存知でしょうか?このパーソナルカラーを知っておくことでメイクやおしゃれの楽しみが広がり、自分らしさを表現する可能性が広がると言われています。今回はそんな「パーソナルカラー」について詳しくご紹介します。

[adstext]
[ads]

パーソナルカラーの意味とは

「パーソナルカラー」とは、髪の色や肌、頬、瞳、唇といったその人が持って生まれたこれらの色と似合う(調和する)色を意味する言葉です。
ただこれは和製英語であり造語なので、「Personal Color」は英語圏で使っても理解をされないので注意しましょう。

パーソナルカラーの由来

「パーソナルカラー」という言葉が広まったのはここ数年だと言われていますが、その起源は諸説あると言われていますが、1919年にドイツのイッテンという人が「春夏秋冬の中に色彩の源、調和がある」と説いたことと、1923年にアメリカのロバート・ドアという人が、青みのある色と黄みのある色を基本とした表を発表したことだと言われています。
また、1940年代のアメリカではすでに「カラーコンサルタント」という職業が存在していて、インテリアを始め、ファッションやメイクにも色彩調節が取り入れられてきました。
近年広まっている「パーソナルカラー」は、大きく分けて8つのタイプに分けられます。まず「青みのある色(ブルーベース)」と「黄みのある色(イエローベース)」の2つに分類され、そこからさらに春夏秋冬のいずれかに細分化されます。
細分化されることにより、単に「赤が似合う」という診断ではなく、「ワインレッドが似合う」「チェリーレッドが似合う」というようにどんな赤色が似合うかということが細かく診断することが可能です。

パーソナルカラーの文章・例文

例文1.パーソナルカラーコーディネーターの資格を取る。
例文2.自分のパーソナルカラーはイエローベースの秋色だ。
例文3.パーソナルカラーをもとに化粧品を選ぶ。
例文4.パーソナルカラー診断を受ける。
例文5.パーソナルカラーを知ることで、自分に似合う色と自分が好きな色を上手く組み合わせられるかもしれない。
自分に似合わない色を取り入れすぎると、違和感があったり、全体的にくすんで見えたりすることがあります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

パーソナルカラーの会話例

  • 質問者アイコン

    パーソナルカラー診断どうだった?

  • 回答者アイコン

    自分ではずっとブルーベースの夏色だと思っていたんだけど、診断してもらったらイエローベースの春色だってことが分かったの!

  • 質問者アイコン

    へえ!やっぱり診断しないと気付かないこともあるんだ。

  • 回答者アイコン

    うんうん。本当にびっくりで、さっそくイエベ向けの化粧品を買いそろえたわ。

自分で思っていたパーソナルカラーと診断結果が異なることは多いようです。

パーソナルカラーの類義語

「パーソナルカラー」と関連する言葉には「イエベ」「ブルべ」「フォーシーズンカラー」などがあります。

パーソナルカラーまとめ

今回は「パーソナルカラー」についてご紹介しました。
パーソナルカラーは基本的に不変であるため、自分のパーソナルカラーを知っておくことでファッションやメイクの可能性が広がり、より楽しむことができます。
また、自分に似合わないとされる色でも取り入れ方を工夫することで、自分らしさを表現することも可能です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事