パーキンソンの法則を英語表記した

パーキンソンの法則(Parkinson’s law)

与えられた期限をその期限いっぱいまで使ってしまう、持っているお金を全部使ってしまう、それ自体は別にそこまで大きな問題ではないのですが、自身の成長や生産面を考えてみるとあまりいい状態であるとは言えないですよね。パーキンソンの法則は、この状態解決に一役買ってくれる考え方です。今回はそんな「パーキンソンの法則」という言葉について、解説をしたいと思います。

パーキンソンの法則の意味

パーキンソンの法則とは、イギリスの官僚制を細かく分析した結果に則ったものであり、第一に上に立つ「役人は競争する相手よりも自分の配下に付く者が増加することを求める」。第二に上に立つ「役人はお互いに仕事を作り合う」という二つの傾向が原因となって、イギリス国が縮小しているにも関わらず植民地省の人員が増加していたというものです。

パーキンソンの法則の由来

このパーキンソンの法則は1958年。イギリスの政治や歴史を取り扱う学者シリル•ノースコート•パーキンソンという方が書いた作品である「パーキンソンの法則〜進歩の追求〜」というものの中で提唱された法則になります。

パーキンソンの法則の文章・例文

例文1.余裕だと思っていた仕事が期限ギリギリになっている、これはパーキンソンの法則が働いている。
例文2.パーキンソンの法則に流されず、セルフコントロールする必要がある。
例文3.あるものはあるだけ使ってしまう、それがパーキンソンの法則だ。
例文4.パーキンソンの法則で最も大切な考え方は「期限を切る」ことであるとされる。
例文5.パーキンソンの法則を意識して仕事をしよう。

パーキンソンの法則は意味の項目で書いたことが転じる形で「資源があれば、その資源がゼロになるまで使い切る」といった意味を持つ言葉となりました。

パーキンソンの法則の会話例

  • 質問者アイコン

    私浪費癖がひどいのですが、何かいい対策ありませんか?

  • 回答者アイコン

    パーキンソンの法則というものを意識してみるといいかもしれませんよ。

  • 質問者アイコン

    パーキンソンの法則ってなんですか?

  • 回答者アイコン

    あればあるだけ使ってしまうというような法則ですよ!

パーキンソンの法則はシンプルに節約という面においても応用することができる考え方です。

パーキンソンの法則の類義語

パーキンソンの法則の類義語としては、「ムーアの法則(Moore's law)」や「グロッシュの法則(Grosch's law)」といった言葉が挙げられます。

パーキンソンの法則まとめ

このパーキンソンの法則。人によっては「お金持ちの敵」とするものもおり、普段からうまく意識して行動できれば、使えば使えるお金や時間が今よりもずっと増えて人生が豊かになることと思われます。
とは言え、こういった自己啓発というもの自体、普段の生活に取り入れようとしてもなかなかうまくいかなかったり、最初は意識していても忙しくなるほど次第に薄れていってしまうものですよね。
どんな法則であれ、まずは「意識し続けられる環境作り」というものが意外と一番優先すべきことなのかもしれません。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事