パワハラとは権力者によるいじめ

パワハラ(power harassment)

社会的地位や立場がある人がその立場を利用して、自らの権力や立場を利用して立場が下の人に対していやがらせをする事をパワハラ(パワーハラスメント)といい、今の日本社会の中でも大きな問題となっています。このパワハラについて、意味や由来を分かりやすく解説していきます。

パワハラの意味とは

パワハラとは同じ職場で働く人にに対して、職務上の地位や役職などの優位性を背景に適正な業務の範囲を超えて精神的、身体的苦痛を与える事を指します。パワハラには「身体的な攻撃」「精神的な攻撃」「人間関係からの切り離し」「過大な要求」「過小な要求」「個の侵害」の6種類があり、このどれかに該当した場合パワハラとなります。6種類に該当しなくても相手に苦痛を与える攻撃を行うとパワハラとなる可能性があります。
また現在、法改正が行われて労務管理が徹底されている状況で、仕事から帰りたくても帰れないというような状況を作り上げるのも、一種のパワハラです。

パワハラの由来

パワーハラスメント(Power harassment)の略語であり、日本語で権力や地位を利用した嫌がらせという意味で用いられる言葉となります。
岡田康子(株式会社クオレ・シー・キューブ代表)が2002年秋頃に造語した和製英語です。
マスコミなどで多く取り上げられたこともあり、パワーハラスメントの概念は広く一般に浸透することとなりました。

パワハラの文章・例文

例文1.今年の新人がチーム内のパワハラで退職したらしい
例文2.その言い方は聞く人によってはパワハラだ
例文3.課長の言い方はまさにパワハラだと思う
例文4.パワハラが怖くて出勤できない
例文5.一刻も早くパワハラから逃げ出したい
パワハラは証拠が揃っていないと、パワハラと認められづらい背景があります。そのため、現在そういった事で苦しんでいる方は記憶媒体などを使って証拠を確保する事が必要です。また自分一人で戦うことは無謀ですので、労働基準監督署や弁護士さんに相談しましょう。

パワハラの会話例

  • 質問者アイコン

    職場のパワハラは許されない行為だよね。放置すれば働く人の意欲を低下させ、時には命すら危険にさらす場合があるからね

  • 回答者アイコン

    世の中にはパワハラで苦しんでる人がたくさんいるんだろうね

  • 質問者アイコン

    上司は、自らがパワハラをしないことはもちろん、部下にもさせてはならない。ただし、必要な指導を適正に行うことまでためらってはならないよね

  • 回答者アイコン

    難しい問題だよね

問題を見過ごさず、パワハラを受けた人を孤立させずに声をかけ合うなど、互いに支え合う世の中にしていくべきであり、
人によって、パワハラの線引きは難しい所ですので、疑われてたりする事がない様に行動は留意をするべきです。

パワハラの類義語

パワハラの類義語としては、「強圧的」などがあります。強圧的とは「相手を強引に押さえつける様子」を指しています。
物理的に押さえつけられていなくても、精神的に押さえつけられていると感じればパワハラと同じ意味ですね。

パワハラまとめ

パワハラのボーダーラインは人によって様々です。上司のふとした言動をパワハラに感じる人がいれば、そうでない人もいるのが現状です。何より大切なのは、人として対等であるという意識を持ち続けて、相手を尊重すること。職場だけでなく、日常のあらゆる場面で、私たち一人一人の姿勢が問われているのだと思います。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事