パラサイト就活で判断できない人

パラサイト就活(ぱらさいとしゅうかつ)

お子様の就職活動の時期は親御さんも気をもまれていると思いますし、就活生の皆さんは親御さんに自分のプランを説明していますか?自分の意見をしっかり伝えて納得してもらう事は、社会人になっても必要ですよね。そんな問題に関係のある言葉が「パラサイト就活」です。それでは意味を見ていきましょう。

[adstext]
[ads]

パラサイト就活の意味とは

パラサイト就活の意味とは、親が必要以上に子供の就職活動に介入してしまう状態のことです。
親が大手企業に就職する事を願い、子供の選んだ企業の内定が出ても親に反対されて内定を辞退する様な事も出てきている様で、親が過剰に介入してくることも問題ですが、それと共に自分で意思決定を出来ない子供にも問題があります。
そもそもの問題として、自分自身の人生に対して真剣味が足りない事、同時に情報が多すぎて情報選択ができない事、幼少期から自分で物事の判断を付ける習慣や訓練をしてきていない事が大学生という年齢になって大きな問題となっているのです。そんな人材を取る事は会社にとってもマイナスしかないのではないでしょうか。

パラサイト就活の由来

パラサイト就活の由来は、英語でパラサイト(Parasite)は他者に依存すると言う意味です。このことからパラサイト就活と呼ばれる様になりました。
親が子離れしていない事、子が親離れ出来ずに双方が自立できてないいない事が大きな問題です。

パラサイト就活の文章・例文

例文1.パラサイト就活が巷で問題になっており、自分のことを自分で判断できないのは社会に出てからマイナスだ
例文2.パラサイト就活の問題点は子供の甘えと共にそこに至るまでの教育にあるのだろう
例文3.パラサイト就活は親の大手企業の執着も問題の一因としてはある。
例文4.パラサイト就活していては先が思いやられる。
例文5.パラサイト就活にならない様に気をつけましょう。
親の子離れ、子供の親離れ、どちらもパラサイト就活の解決には必要な問題ですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

パラサイト就活の会話例

  • 質問者アイコン

    親の反対が原因で就活の内定を取り消すことが問題視されているらしいよ。

  • 回答者アイコン

    親の子離れ、子供の親離れが出来ていないとそういう事になってしまうのかもね

  • 質問者アイコン

    そうだね、こう言う就活の事をパラサイト就活っていうんだよ。自分で判断して進んでいく事が社会人にとっても大事だよね。

  • 回答者アイコン

    大事だよね、自立して行くためにもパラサイト就活している様ではダメだもんね。

自立して社会人になるためには親を納得させれるくらいにはなった方がいいですね。

パラサイト就活の類義語

パラサイト就活の関連語には、「親がかりの身」「すねかじり」「寄生生活」などがあります。

パラサイト就活まとめ

パラサイト就活の問題点は分かってきたと思いますが、今の日本が平和であるなと感じる一面でもありますよね、ですが親も子供もお互いがよく話し合って今後どの様なプランで進んでいくのかしっかりと話し合う事が必要ですね。それをしないと、相互ですれ違いが起こるのも仕方がないでしょう。これからの学生さんたちは、親とよく話し合ってプランを説明した上で、就活に挑むのが一番いいでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事