子供にとって親はパトロンと言える

パトロン(Patron)

画家などの芸術、又は芸能人やプロ野球に大相撲などと関係深いのが「パトロン」の印象だと思います。どちらかと言うと欧米各国のイメージも強いですが、日本では有名人や芸術家の卵を陰から支援しているのが「パトロン」であり、一般人からすると羨ましい反面で何とも言えないグレーや如何わしさも感じさせます。こんな「パトロン」の正しい意味や最近の使い方などを調べてみました。

[adstext]
[ads]

パトロンの意味とは

「パトロン」の意味は以下の通りとなります。
(1)直訳すると後援者・支援者・保護者・主人・経営者など。
(2)一般的には、無名や新人の芸術家や芸能など有名人を金銭的に支援する人。
(3)異性に対して経済的な援助をする人で、主に水商売の女性に生活資金を出す男性。
「パトロン」は要するに、金銭的に裕福な人が芸術家の卵やスポーツ選手や芸能人などの有名人、或いは一般人でも若い女性や水商売で働く人などに、経済的な支援をする主に男性です。金銭的に裕福なので経営者や医師、昔ながらの地主などが所謂世間がイメージするパトロン像ではないでしょうか。それは、食事をご馳走したり小遣いとして数万~数十万やそれ以上を渡したり、中にはマンションや高級車をプレゼントするなど、支援の程度は個人差が大きいです。有名人なら本人が既にお金持ちで金銭的に苦労していなくても、この様な応援者を大事にする意味でも、敢えて世話になる場合もあります。また、一般の女子大学生やOLなどでも最近は「パパ活」と呼ぶ資金援助をしてくれる男性を探すのが、割と普通に行われています。同性愛などを別として、男性有名人に裕福な男性が応援という形で無償援助をするのは昔から「タニマチ」(谷町)と呼ばれ、相撲や歌舞伎や芸能などの世界では常識でした。一方、それ以外の特に若い女性に援助をする男性は、その多くが性対象として双方が合意しているので、一般からすると良い印象を抱きません。海外では、「パトロン」というと芸術家を支援する意味合いが大きいですが、近年ではクリエイター全般を支援するサービスとしても注目され、日本よりは真っ当な援助をしている扱いがされています。

パトロンの由来

「パトロン」の由来は、ラテン語の父を意味する「パテル」(pater)と保護者を意味する「パトロヌス」(patronus)となります。その後、芸術を庇護する者「パトロナージュ」(Patronage)から支援を受ける
「パトロン」が誕生し、16世紀以降から現在までその関係性が続いています。

パトロンの文章・例文

例文1.お気に入りの飲み屋に行ったら、新人の子が席に座り5分もしないうちに耳元でパトロンになるよう懇願してきて、この子は肝っ玉が座っていると感心した。
例文2.ネットを利用すれば気軽にパトロン希望の男女を結び付けられるが、反面で事件に巻き込まれる臭いがプンプンする。
例文3.友人は将来、若い子のパトロンになろうと今から必死に貯金をしているが、本当にバカなんだと皆から軽蔑されている事に気が付いていない。
例文4.有名人はパトロンから支援されるのが半ば習慣となっているが、税金はどうなっているのか気になる。
例文5.パトロンは怪しい世界に感じるが、正当に芸術家を支援するサービスがあるのも事実だ。

「パトロン」を飲み屋や有名人に使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

パトロンの会話例

  • 質問者アイコン

    給料減ったねー。

  • 回答者アイコン

    私達の仕事って、コロナの影響受け過ぎじゃないですか?

  • 質問者アイコン

    まあね、給料が出るだけでも有り難いけど。でも、そっちは若いから他の仕事もあるし、なんならパトロンとか探せばいいんじゃない?

  • 回答者アイコン

    パトロンですかー! って、それはハラスメントですよ。

コロナで給料減少している職場の男女が、愚痴を吐いている会話です。

パトロンの類義語

「パトロン」の類義語には、「メセナ」「タニマチ」「スポンサー」「金づる」「太客」などの言葉が挙げられます。

パトロンまとめ

「パトロン」とは、そもそもは芸術家を金銭的に支援する人でしたが、それが芸能人やスポーツ選手などの有名人から、水商売女性や一般女性まで使用される便利な言葉となっています。後援者や保護者という直訳の意味から飛躍して、無償の金銭援助から性的行為の対価としての援助も含まれるのが現状です。よって、若い年代では「パトロン」も「パパ活」も「スポンサー」もほぼ同義扱いとなっています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事