バーベナの花

バーベナ

バーベナという花をご存知でしょうか?赤や白、ピンクに紫など色も様々で、花びらの先が2つに分かれていてハートのようにも見える可愛らしい花なんです。各色に花言葉がありますので今回はバーベナについて紹介、解説していきます。

バーベナの意味

バーベナ全般の花言葉は「魅力」や「魔力」になります。
赤は「団結」
白は「私のために祈って」
ピンクは「家族愛」「一家団欒」
紫は「後悔」「あなたに同情する」
という意味があります。

バーベナの由来

クマツヅラ属の学名「Verbena(バーベナ)」は、ヘブライ語の「herbabona(よい植物)」が語源であるともいわれます。英名はVerbena、和名はバーベナですが別名で美女桜とも呼ばれているようです。

バーベナの文章・例文

例文1.久しぶりに帰省するので母にピンクのバーベナの花を買っていってあげようかな。
例文2.まだ小学生の娘と一緒に庭でバーベナを栽培している
例文3.舞台の開演日に演者に赤いバーベナを入れた花束を贈った
例文4.バーベナの花はハートがたくさんついているみたいでとても可愛らしい
例文5.バーベナの花を結婚する姉のプレゼントに添えた
バーベナは5月から10月と長期間咲く花です。

バーベナの会話例

  • 質問者アイコン

    これ、姉ちゃんに渡してって嫁に渡されたんだけど・・・

  • 回答者アイコン

    まぁ!可愛いお花!花びらがハートみたいになってていいね、すごく可愛い!なんていう花なのか聞いた?

  • 質問者アイコン

    バーベナだって。色によって違うんだけど、ピンクのバーベナは家族愛とか一家団欒っていう花言葉があるって聞いたよ。
    姉ちゃん結婚したでしょ?幸せになってください!って言ってた。

  • 回答者アイコン

    いい子すぎて涙出る・・・ありがとう幸せになる!って言っておいて。

バーベナの花贈り花言葉を教える弟と姉の会話になります。

バーベナの類義語

ピンクのバーベナのように家族を想う花言葉をもつ花は「セージ」や「スカシユリ」、「サルビア」などが挙げられます。

バーベナまとめ

今回はピンクのバーベナを中心に紹介しましたが、いかがでしたか?バーベナやカーネーション、バラのように色によって花言葉が違うものは贈る際に注意が必要になります。自分では気にしていなくても相手は花言葉を知っていて勘違いをして傷ついてしまう、なんてこともあるかもしれません。それでも想いを伝えるのに言葉だけでなく贈り物をするというのも印象に残りやすく嬉しいものだと思いますので、ぜひ花をプレゼントするということも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事