2人で交換・バーター

バーター

お笑い芸人やモデルさんなどが所属している、プロダクションや芸能事務所。このような特別な業界で仕事をしていると、バーターという聞きなれない専門用語が出てきて「どんな意味だっけ?」と困ってしまうこともあります。使用頻度の高いバーターについて、正しい意味をウォッチングしていきましょう。

バーターの意味とは

芸能界で使われるバーターには、人気のある芸能人と知名度の低い芸能人とセットにして同じ番組やイベントに出演させる、芸能事務所ならではのテクニックです。同じ事務所の2人をセットで売り出すことによって、知名度の低い芸能人の好感度を引き上げることができます。ちなみにビジネスで使われるバーターには、物々交換という意味があります。

バーターの由来

バーターが生まれた背景には【barter】という英語があります。Barterには「交換する」という意味が入っていて、ビジネスの現場では金銭のやり取りをおこなわず会社間の商品やサービスを交換する、バーター取引という言葉が用いられるようになりました。芸能界で使われるバーターは、ビジネスのバーター取引が婉曲化されて伝わったもの・セットを意味する「束」がなまって定着したもの…と2通りの推察があります。

バーターの文章・例文

例文1.売れっ子のAさんとBさんのバーターでいかがでしょうか
例文2.テレビ局にとっても、波にのっている有名芸能人の出演が見込めるバーターは、実においしい取引だ
例文3.本日4時から、バーターのお仕事が入っています
例文4.B社とのバーター取引は、失敗に終わった
例文5.新商品が春に発売されるので、ぜひバーターして頂けないでしょうか
英語から生まれた、バーター。ビジネスの世界や芸能界にて、よく使われる言葉です。シチュエーションによってその意味が大きく変わってくるため、注意しておきましょう。

バーターの類義語

バーターの似た言葉として「セット出演」「抱き合わせ」「物々交換」「トレード」「取引」などがあります。

バーターまとめ

芸能界で使われるバーターは、著名な芸能人と同じ事務所の新人を抱き合わせで出演させる芸能事務所の策略です。一方ビジネスの場では互いの商品やサービスを交換条件として取り扱う物々交換…の要素が強くなります。時と場によって意味が大きく違いをみせるバーター、臨機応変にあつかうことが大切です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事