バリューチェーン(Value Chain)

バリューチェーン」とは「ビジネスにおける自社の事業を分別して、それぞれの付加価値を見出すマーケティング分析」です。マーケティング分析は実に様々なものがあり、どれが正解や最も良いとは簡単には言えず、敢えて言うなら一長一短という答えになってしまいます。しかし、最も有名や大企業が導入した成功例とする質問なら、今回の「バリューチェーン」が相応しいのではないでしょうか。ある種、マーケティング分析の代表格やスタンダードとなっている「バリューチェーン」の解説となります。

[adstext]
[ads]

バリューチェーンの意味とは

バリューチェーン」の意味は以下の通りとなります。
(1)直訳すると「価値連鎖」で、自社(や他社)を分析する際に用いるマーケティング手法の一つ。
(2)企業活動における業務の流れを製造・販売・保守など機能別に分類し、それぞれの付加価値を分析するフレームワークの事。
”バリュー”は英語「value」から「価値」「値打ち」「評価」など、”チェーン”は「chain」から「鎖」「同一資本の経営系統」で、直訳すると「価値連鎖」が「バリューチェーン」です。近年注目のビジネス用語やマーケティング用語で、自社や他社の付加価値を分析する際に用います。企業が製品をお客に届けるまでには、材料調達・製品製造・配送・販売といった流れが必要で、さらには販売後もサポート体制も要します。これらを個別に分析する事で良い点悪い点が明確化され、改善する事でより良い企業へと成長をするのです。また、いずれはコスト削減や利益を最大化するのも可能となり、だから多くの企業が「バリューチェーン」を導入し、常に自社のマーケティング状況を分析しているのです。類似となるマーケティング分析「サプライチェーン」は「供給」を第一にした考えで、「バリューチェーン」の「価値」に重点を置く考えとは相反するところがあり、そこからもこの二つは何かと比較される事が多いです。両者とも自社をより良くする為の分析ツールという点では同じとも言えますが、その過程や中身が違うのです。「バリューチェーン」は「自社(他社)の価値を見極める」のに対し、「サプライチェーン」は「自社や他社も含めた全供給を見極める」となります。すると、「サプライチェーン」の方が優れている気もしますが、範囲があまりにも広くなりその分でコストも掛かり、さらに他社の全容を掴むのは難しく、現在成功している大企業は「バリューチェーン」で飛躍したケースが多いのも事実です。

バリューチェーンの由来

バリューチェーン」はアメリカの経営学者・マイケル・ポーター氏が1980年に発売した著書「競争優位の戦略」で用いたのが始まりで、それからビジネスやマーケティング分野で一目を置かれて世界中に広まっていきました。

バリューチェーンの文章・例文

例文1.大学のレポートで大企業のバリューチェーンの具体例を調べる事になった。
例文2.バリューチェーンから得た情報を分析できれば、弱点を補う事が出来るようになる。
例文3.バリューチェーンサプライチェーンもメリットデメリットが当然ながらあるので、完全なマーケティング分析は存在しない。
例文4.経済部の学生などは将来を見据えてバリューチェーンなどのマーケティング手法を必死に学んでいるのだろう。
例文5.将来コンサル志望なら、バリューチェーンなどは常識として覚えておく必要がある。
マーケティング手法「バリューチェーン」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

バリューチェーンの会話例

  • 質問者アイコン

    バリューチェーンといった素晴らしいマーケティング分析があるのに、どうして日本は景気が良くならないの?

  • 回答者アイコン

    それはね、バリューチェーンといった分析ツールも所詮は人の心までは読み取れないし、景気動向という大きな舵取りを判断はできないからじゃない。

  • 質問者アイコン

    どんなにマーケティング分析が完璧で最適化をしても…。

  • 回答者アイコン

    購入する人が減り続ける限りは、机上の空論なのよ。

日本の不景気について男女が「バリューチェーン」を用いた会話をしています。

バリューチェーンの類義語

バリューチェーン」の類義語には、「サプライチェーン」「VRIO分析」「ビジネスシステム」「エコシステム」などの言葉が挙げられます。

バリューチェーンまとめ

バリューチェーン」は直訳すると「価値連鎖」で、自社や他社を分析する際に用いるマーケティング手法です。特徴は価値を見出すのに特化した分析で、原料の調達から製造や販売など部門毎の価値を調べ、最終的にはコスト削減や利益アップに繋がります。また類似となる「サプライチェーン」は、自社と他社も含めて供給全体を最適化するマーケティング手法となります。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事