バジェット(budget)

「バジェット」とは、「予算」や「経費」などのことを表します。ビジネス面においてよく用いられ、中には「ビッグバジェット」や「バジェットキャップ」という言葉もあります。それでは今回は、「バジェット」について解説していきます。

[adstext]
[ads]

バジェットの意味とは

「バジェット」の意味は以下の通りです。
・(政府の)予算、予算案
・(会社などでの特定の用途のための)経費
「バジェット」が使われる言葉は、「バジェット不足(予算が不足している)」「バジェット次第(予算次第)」「ビッグバジェット(大規模な予算)」「ローバジェット(少ない予算)」「バジェットキャップ(予算の上限)」などがあります。

バジェットの由来

「バジェット」は元もと、フランス語で財布や小銭入れという意味を持つ「bougette」が由来となっています。それが英語で予算という意味の「budget(バジェット)」になり、日本語としても使われるようになりました。

バジェットの文章・例文

例文1.バジェット次第では高いクオリティを実現できる。
例文2.今回のプロジェクトにはビッグバジェットを用意するほど期待されている。
例文3.バジェット不足で追加発注ができない。
例文4.国会ではよくバジェットについて討論されている。
例文5.バジェットキャップを上回る見積もりとなる。
「バジェット」には様々な使い方があります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

バジェットの会話例

  • 質問者アイコン

    今回の制作バジェットがかなり厳しいんだよ。

  • 回答者アイコン

    これじゃ中々厳しいよね。

  • 質問者アイコン

    ローバジェットでもクオリティを維持するのが技術者とはいえ、今回はさすがに少なすぎるよね。

  • 回答者アイコン

    上司にバジェットを上げてもらえないか交渉してみるね。

制作のバジェットについて話す技術者の様子です。

バジェットの類義語

「バジェット」の類義語は、「予算」「経費」「格安」などです。

バジェットまとめ

「バジェット」とは、予算や経費などという意味で、ビジネス面に用いられることの多い言葉でした。政府の予算などを指す場面でも用いられるので、ニュースなどを見ていると聞くことが多いかもしれないですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事