バカンスを楽しむ

バカンス(vacances)

1年の中でも、夏季休暇や年末年始休暇やゴールデンウィークといったような長期の休暇には「バカンス」を楽しむという人も多いのではないでしょうか。海外旅行に行って楽しむ人や、何もない田舎でのんびり過ごすという人もいるでしょう。そんな何気なく使っている「バカンス」という言葉について解説をしたいと思います。

バカンスの意味

バカンスというのは、主にはフランスにおける長期休暇や休暇の過ごし方を意味する言葉になります。フランスでは法律で連続して最大5週間まで休暇の取得が可能となっているため、夏の時期には経営者から労働者までこぞって長期の休暇を取得して過ごします。フランス人におけるバカンスというのは「人間が元気に過ごすために必要なもの」という考えを持っていて、1年間の仕事もバカンスのために頑張っているという考えは珍しくありません。一般的なバカンスの過ごし方としては、1ヶ月くらいの期間を別の場所に滞在して過ごすというものが多いようです。

バカンスの由来

バカンスとはもともと19世紀ごろまでは、貴族やブルジョワのみが楽しむものであり、金持ちが何もしない時間のことをそう呼んでいたそうです。言葉の意味としては「vacances=空(から)」の意味があります。

バカンスの文章・例文

例文1.今年の夏は南国へバカンスに行こうと思っている
例文2.フランス人はバカンスのために仕事をしているらしい
例文3.バカンスの計画を立てる
例文4.友達と一緒に海外へバカンスに行く
例文5.バカンスに行くためにはまとまった資金が必要だ
日本ではフランスほどの長期休暇はなかなかとれませんが、1週間〜2週間くらいの期間で海外へバカンスへ行く人は多いです。

バカンスの会話例

  • 質問者アイコン

    今年の夏休みは12連休も取れたから、どこか海外へ行かない?

  • 回答者アイコン

    いいね!
    じゃあバリ島あたりにバカンスでもどう?

  • 質問者アイコン

    いいね!何かいいプランがないか探してみようよ!

  • 回答者アイコン

    バカンスの計画なんてテンション上がるね!

年明けから春の終わり頃にかけては、このような長期休暇をとってバカンスを計画するような会話も増えます。

バカンスの類義語

バカンスを別の言葉で表現するならば、日本語で言うならば「長期休暇」または「夏季休暇・冬季休暇」のような言葉が当てはまるでしょう。ちなみに英語ならば「バケーション(vacation)」がそれに相当します。

バカンスまとめ

バカンスというものに関して解説をしました。日本ではなかなかフランスほどの長期休暇は難しいですが、そうした休暇を取ることでリフレッシュとモチベーションの向上を図れるならば、休暇を取得する意味もあるのではないでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事