ハーベスティング(Harvesting)

ハーベスティング」とは「日常で生じるエネルギーから電気にする技術(エネルギーハーベスティング)や暗号資産のマイニングなどを指す言葉」です。一見すると「ハーベスティング」は難しい言葉にも感じますが、直訳すると「発掘」「採取」となるので新しい分野で何かを生み出したりする際に使われる傾向があります。ですから、非常に便利で使い勝手が良い言葉なのです。それでは今後も登場する機会が多いであろう「ハーベスティング」の解説となります。

[adstext]
[ads]

ハーベスティングの意味とは

ハーベスティング」の意味は以下の通りとなります。
(1)デジタル用語では、広告メール配信者がネット検索や専用ソフトで大量のメールアドレスを収集する事。
(2)暗号資産では、マイニング(採掘)と呼ばれる新しいブロックを生成する作業プロセスの事。
(3)環境発電では、太陽や照明など身近に存在するエネルギーから電力に変換する技術「エネルギーハーベスティング」の事。
ハーベスティング」は直訳すると「収穫」「刈り入れ」「採取」となり、様々な分野で何かを採取するのを「ハーベスティング」と呼んでいます。通常は上記のようにネットの広告メール業者が不特定多数のメールアドレスを収集する事か、暗号資産のマイニング、或いは太陽光など身近なエネルギーから電力を得る技術「エナジーハーベスティング」や「エネルギーハーベスティング」を略した言葉となります。これらに共通するのは「採取」や「収集」となり、要するに何かを活用や応用して新しい何かを生み出すのが特徴です。特に「エネルギーハーベスティング」は大企業が可能性を追求している段階で、例えばセンサーは車だけでなく道路や工場の生産ラインに工事現場など様々な場で使われ今後も増えていきますが、そこで電源確保や電池交換をどうするかが長年の問題となっていました。それを克服するのが「エネルギーハーベスティング」とされ、電源が半永久的に確保できるシステムができればメンテナンスから解放されコストも激減するのです。そんな新しい未来の形を連想させる言葉として注目を集めているのが「ハーベスティング」ではないでしょうか。

ハーベスティングの由来

経済分野で「ハーベスティング」が用いられるようになったのは1995年頃からで、新しいエネルギーに関連させて登場しました。その後は2000年代に入ると、電池やバッテリーの交換不要の新世代技術として「ノーメンテナンス」として注目を集めるようになります。

ハーベスティングの文章・例文

例文1.エネルギーハーベスティングによって、従来の電気や電力の概念を覆す世紀の大発見となる可能性がある。
例文2.暗号資産のハーベスティングで一攫千金を狙っているが、それこそ電気代の方が高くなりそうだ。
例文3.芸術の分野ではまだまだ新しい可能性が残されていると信じて、若い才能のハーベスティングを続けていく考えだ。
例文4.エネルギーハーベスティングが実現すれば、いずれはスマホなども充電いらずとなり画期的な未来がすぐそこまで来ている。
例文5.詐欺師や情報屋がハーベスティングでメールアドレスや個人情報を今日もどこかで大量に集めているのだろう。
様々な事柄で「ハーベスティング」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ハーベスティングの会話例

  • 質問者アイコン

    それじゃあ、仕事行ってくるから…。あっ、しまったー。

  • 回答者アイコン

    どうしたのよ?

  • 質問者アイコン

    昨日スマホの充電し忘れたんだ。バッテリーゼロだよ。

  • 回答者アイコン

    あらら、大変ね。早く未来になってエネルギーハーベスティングが実現すれば、そんな失敗もなくなるのよね。

会社に出勤しようとした夫がスマホのバッテリーがゼロで慌てるという内容です。

ハーベスティングの類義語

ハーベスティング」の類義語には、「収得」「豊作」「刈り込む」「成果」「エネルギーハーベスト」「パワーハーベスト」などの言葉が挙げられます。

ハーベスティングの対義語

ハーベスティング」の対義語には、強いて挙げるなら「播種」「種まき」などになります。

ハーベスティングまとめ

ハーベスティング」は直訳すると「収穫」「採取」となり、専用ソフトでメールアドレスを収集したり、暗号資産の発掘(マイニング)、身近なエネルギーから電気に変える技術「エネルギーハーべスティング」などで使われる言葉です。通常は「エネルギーハーべスティング」を指して「ハーベスティング」となりますが、今後は他の分野でも使われる期待を持たせる言葉ではないでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事