ハニ—コール(Honey Call)

「ハニ—コール」とは「女性客からの指名獲得を狙ってホストが行う様々なマイクパフォーマンス」です。今や動画やSNSでホスト業界の様子が筒抜けなので、高校生にもなればどんな営業の商売なのか知っていますよね。ホストとは簡単に言えばホストクラブで働く男性スタッフで女性客を楽しませる接待をしますが、お酒を注いで会話をするだけで満足させられるのは極一部の大人気ホストだけです。大半の新人や人気がないホストはお店を盛り上げようと派手なパフォーマンスをするのが大事な仕事となり、それが「ハニーコール」なのです。

[adstext]
[ads]

ハニ—コールの意味とは

「ハニ—コール」の意味は以下の通りとなります。
 (1)無色ながら刺激臭があり工業用品や化粧品などの用途で用いられる化学薬品「アセトン」の別名。
 (2)ホスト業界の専門用語で、女性客を盛り上げて指名をもらう為にホストが行うマイクパフォーマンスなどの総称。
「ハニ—コール」は英語表記「honey call」で、厳密には日本独自の製英語というかホスト業界のみの俗語となる専門用語です。ホスト業界はお客である女性をもてなす独特の接客術が多数あり、単に男性ホストが隣に座ってお酒や会話を提供するだけでなく、他の仲間ホストと連携して店内を盛り上げる様々な「マイクパフォーマンス」の「コール」を披露します。ですから「女性客」を意味する「ハニー」への「マイクパフォーマンス」である「ハニーコール」の基本はホストがステージなどで歌やダンスを披露したり、或いは盛り上げるトークなどの「マイクパフォーマンス」で女性客に好印象を与えて、最終的には指名を獲得するのが狙いです。指名をしてもらえれば自分の収入に跳ね返り店としても売り上げアップになるので、特に金払いが良いお客「太客」がいない新人ホストや不人気ホストにとっては「ハニーコール」は大切な見せ場なのです。その「ハニーコール」は主にホストが気になる女性客にアタックするような「指名コール」、店内の全客に向けての「全体コール」に分類され、「女性客からの指名を獲得する様々なパフォーマンス」が見事に成功してシャンパンを注文されるとホストクラブの代名詞的なパフォーマンス「シャンパンコール」へ繋がります。シャンパンは安いものでも数万はするのでお店の売り上げを支えてくれる事から注文をしたお客には感謝を込めて独自の特別な「コール」を連呼したり、他のホストも加わって派手な演出をします。「シャンパンコール」は他の客からしたら羨ましいイベントなので、いくら高くてもライバル心などから推しホストの為にと無理してもシャンパンを注文して「シャンパンコール」や「ハニーコール」へと繋がり、それが更なる店の活気となって朝方まで大盛り上がりとなるのです。ちなみにホスト業界以外では、ケトンの一種である化学薬品「アセトン」の別名も「ハニーコール」です。

ハニ—コールの由来

「ハニ—コール」の由来として、ホスト業界では女性客は恋人を意味する「ハニー」と呼ぶのが一般的で、「マイクパフォーマンス」は呼びかけと指名狙いから「コール」となります。そこから「指名へ繋げる呼びかけマイクパフォーマンス」が「ハニーコール」です。また、ホスト業界の歴史は1965年に東京駅八重洲口にオープンした「ナイト東京」が始まりで、「ハニ—コール」などの「マイクパフォーマンス」は1999年に考案されて全国に広まったという説が有力視されています。

ハニ—コールの文章・例文

例文1.娘は初めて入ったホスト店の料金が激安だった事から見事に罠へハマって抜け出せなくなり、お気に入りが他の客にハニ—コールをすると嫉妬から自分も同じ注文をするのを繰り返し、そんな生活の日々から最後は支払いが滞りお決まりの風の世界で夜通し働くスタッフになったと知り、私も精神が不安定になって年中キャバクラ通いをしている。
例文2.ホスト業界は合法的な人をそそのかすテクニックをいくつも使い分け、その中でもハニ—コールは究極な大技なようだ。
例文3.アイドルや役者になるのを夢見て上京したが即座に挫折しホストとなった地方出身のコンプレックス男は借金をしては整形を繰り返し、その返済の為に女性客をカモにして絞りだけ搾り取るのに、それでも客は喜んで献金をし続けて学芸会パフォーマンスのハニ—コールが極上のプロの技で数十万の価値があると思っている傍から見ればどっちもどっちな異様な世界だ。
例文4.営業終了後にホストの先輩から外に呼び出され、「俺のハニ—コールを邪魔するな!」とガリガリな細い腕からの子供騙しなパンチを食らったら、こっちも日頃の栄養不足で不摂生な生活から脆い前歯がアッサリ取れてしまい2人して大笑いした。
例文5.特にやりたい仕事もなかったのでウシジマくんの影響から運命に導かれてホストになり、今では毎日ハニ—コールのしすぎで喉を傷めては年中二日酔いで最悪な体調にうんざりだ。
「ハニ—コール」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ハニ—コールの会話例

  • 質問者アイコン

    声優の専門学校を辞めようと思っているんだ。

  • 回答者アイコン

    辞めてどうするのよ? あと1年じゃない。頑張りなよ。

  • 質問者アイコン

    そうだけど…、学費も高いし…。俺、今はホストクラブでバイトしているけど、そこでアニメ声のマイクパフォーマンスが評判良いんだよ。先輩もお前のアニメ物真似ハニ—コールは店一番だって言ってくれるし。

  • 回答者アイコン

    だけど、宮崎アニメで声優するのが夢って言っていたじゃない。お客に夢を与えるホストが自分の夢を…、簡単に諦めないでよ。

声優の専門学校を退学してホスト業界で働いていくという会話内容です。

ハニ—コールの類義語

「ハニ—コール」の類義語には「飲みコール」「場内指名」「掛け合い」「定番コール」「キラーコール」などの言葉が挙げられます。

ハニ—コールの対義語

「ハニ—コール」の対義語はありません。補足として指名をしないお客「フリー」の対義語は「指名」「幹(みき)」、お金を使わない客「細客」の対義語は金払いが良い客「太客」になります。

ハニ—コールまとめ

以上がホスト業界の専門用語「ハニ—コール」の解説となりました。「ハニーコール」は女性客から指名を獲得する為にホストが行うマイクパフォーマンスで、歌やダンスやトークにシャンパンコールなども含めた総称となります。女性客はこれらをされると現実世界が忘れられて楽しくて常連になってしまうのでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

Checkmateのサービスを紹介する広告です。
この記事を読んでいる人に人気の記事