ネティズン

ネティズンという用語は、ネットの中の市民という内容です。そして、オンライン上のコミュニケーション媒体の住人として活動を続ける人たちの総称になります。市民主義の中でも、ネット内の内容も社会的な抗力として存在しています。

ネティズンの意味とは

ネティズンは、ネット内の市民という意味です。英語では「network citizen」となり、これを略しています。日本語だとネットの中の住人と訳せるでしょう。これは、民主主義に由来されたことばになり、自由な表現と発言を法律に守られたかたちとして展開する人たちになります。自由主義が基本ですが、法律内であれば自由にネットへの書き込みをします。

ネティズンの由来

過去の時代において、韓国で始まっていたブロードバンドのユーザーが考案したと言われています。シチズンとネットをプラスにした造語だったのです。アジア地区ではネットゲームをしているような人たちを指しますが、国別によっては、より社会的な発言をするネティズンという知識人層も存在しています。

ネティズンの文章・例文

例文1.ネティズンの意見を借りて、口コミをまとめる
例文2.ネティズンの意見にも、うなずく点がある
例文3.ネティズンの発言には、社会的な運動を呼び起こすケースが有る
例文4.市民社会を守る現場は、ネティズンの発言に留意すべきである
例文5.優秀なネティズンはコンプライアンスを遵守する
ネティズンは比較的蔑称の様な捉え方をされる事が多いですが、一定数の意見としては尊重をされるべきで、中には想像もしない貴重な意見がある事もあります。

ネティズンの類義語

ネティズンの類義語は、ネチズンという言葉があり、どちらも同じ意味を指します。ただし、シチズンを母体後とするのか、ネットを母体語にするかによって、発音の仕方も違うでしょう。ネティズンでは、よりネット技術を駆使したという意味が強くなります。

ネティズンまとめ

ネティズンという様式は、通常は外部社会で会社づとめをしている真面目な人が、書き込むという責任感から展開する、いわば裏の世界での発散の現場となります。つまり、会社名を隠しておけば、憂さ晴らしをネット内で仕上げる風潮もあります。

この記事を読んでいる人に人気の記事