ネットコンサル

インターネットコンサルを略したのが「ネットコンサル」で、ネットビジネスにおける成功不可欠な経営戦略や企画立ち上げ、業務提案などを行うのが主な仕事内容となります。
ネットコンサルには特別な資格などは不必要ですが、高いスキルを求められる事からプログラミングやコンサルティング知識などを常に身に付ける必要が要求されます。それは、最近のIT業界は日進月歩で、要求されるスキルも企業毎や案件毎にまったく変わってくるからです。
より柔軟で幅広くサポートする能力が現在のネットコンサルに必須なのです。

ネットコンサルの意味とは

企業などに解決策を提案する業務が「コンサルティング」(consulting)で、その業務内容や分類は年々複雑になっています。戦略系コンサルティング、業務コンサルティングなど様々な分類の中で、IT系に特化したのがITコンサルティングで別名「インターネットコンサル」、略して「ネットコンサル」となります。
コンサルティングを直訳すると「相談に応じる」が相応しく、ネットコンサルとなると「ネット系企業の相談に応じる」的な意味合いとなります。因みに、コンサルティングする人は”コンサルタント”で、直訳すると専門家などになります。「ネットコンサルタント」となれば、ネット系の相談や提案のプロと捉えて、大筋で問題ありません。
ネットコンサルはとても業務の幅が広く、概ねはITに関連する顧客のビジネスや経営戦略をたてますが、求められるモノに対しては何でも対応するので、提案や予測・予想だけでなく、時には初歩的な技術指導やアドバイス、営業的なサポートと便利屋の様な面もあるのが実情です。
この様に幅広い能力が求められるので、将来的にも安心できる仕事の様に感じられますが、一方で国内だけでなく世界中に有力なコンサルティング企業は多く、IT化が業種の垣根を越えて様々な分野にまで飛び火するのは、将来的に明らかなので、今後は他分野や世界中のコンサルティングと熾烈な争いが繰り広げられるようになります。

ネットコンサルの由来

ネットコンサルの由来などは正確に掴めていませんが、その言葉からしてコンサルティングの一部として、1990年代後半頃から普及したと想像する事ができます。現に当時は、インターネットやコンサルティングという言葉が日本でも登場し、メディアでも多く取り上げられています。そこから、この二つを合わせてネットコンサルになったのでしょう。
コンサルティング(コンサルタント)の語源はラテン語の「協議する」を意味する「consultare」とされ、それが英語圏でコンサルティングに変化したとされています。

ネットコンサルの文章・例文

例文1.ネットコンサルに相談するにかぎる
例文2.有名なネットコンサルが講義を開催
例文3.ネットコンサルが新提案を発表した
例文4.今後はネットコンサルも顧客獲得が熾烈になる
例文5.ネットコンサルはキメ細かいサービスが要求される
ネットコンサルの例文は、その業務形態から仕事に関連したものが多くなります。さらに、他のコンサルティングとも同列に語られる事も多く、実体を掴み難い職種であるのも事実です。

ネットコンサルの類義語

ネットコンサルの類義語としては、「フードコンサルタント」「キャリアコンサル」「相談役」等の言葉が挙げられます。

ネットコンサルまとめ

ネットコンサルは、ある意味では現代の花形職業と言える、遣り甲斐のある仕事であるのは間違いありません。顧客からの要望に応えるのは、他のコンサルと同じですが、ITなどの専門知識が要求されるからです。また、ネットやIT化の流れで、以前は依頼が来なかった業種からもネットコンサルへの相談が年々増えているようです。
現代社会の発展の陰で、絶対に欠かせられない相談やサポートに徹するのがネットコンサルなのです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事