ドライブレコーダーによる映像

ドライブレコーダー(drive recorder)

近年、国内のおいても多発している自動車による事故や事件ですが、自動車同士だとどっちが悪いのかなどのやりとりがはっきりしないことがあります。そこで重要な参考になるのが「ドライブレコーダー」による映像です。ではこのドライブレコーダーとはそもそも何なのかについて解説をしていきます。

ドライブレコーダーの意味とは

このドライブレコーダーは別名、車載型画像記録装置とも呼ばれます。読んで字のごとくで、自動車に搭載流タイプの記録装置のことを指します。搭載している自動車に大きな衝撃が加わると、その前後の一定時間の画像や映像、音声や速度などが記録されるという仕組みになっています。ちなみに、ドライブレコーダーという呼び方は和製英語で、英語ではイベントデータレコーダーになります。

ドライブレコーダーの由来

ドライブレコーダーの歴史は定かではありませんが、日本では2003年頃からタクシーや運送業者をメインターゲットとしてじわじわと普及していったとされています。

ドライブレコーダーの文章・例文

例文1.車にドライブレコーダーを設置した
例文2.何かあったときのためにドライブレコーダーは設置した方がいい
例文3.ドライブレコーダーはいくらくらいするんだろう
例文4.事故が起こった際は、ドライブレコーダーの判断が重要になる
例文5.性能の良いドライブレコーダーを選びたい
交通事故やあおり運転が多く、ドライブレコーダーという単語を耳にする機会も多いと思います。

ドライブレコーダーの会話例

  • 質問者アイコン

    昨日の交通事故のニュース見た?

  • 回答者アイコン

    見ました!
    ドライブレコーダーがなかったら、ややこしくなってましたね。

  • 質問者アイコン

    そうなんだよ。僕もドライブレコーダーを買おうと思ってるんだ。

  • 回答者アイコン

    何があるかわからないから、絶対そうした方がいいですよ!

ドライブレコーダーという単語を使うこともあると思うので、例文と合わせて見てみてください。

ドライブレコーダーの類義語

ドライブレコーダーは車に搭載されるものですが、航空機に搭載されるものとして「フライトレーダー」が存在しています。

ドライブレコーダーまとめ

自動車による交通事故やあおり運転のような事件性のあるものまで、自動車による争いの火種は多く存在しています。ドライブレコーダーはその後の重要な争点になるので、自動車に乗られている方は設置された方がいいのではないでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事