ドクトリン(Doctrine)

「ドクトリン」とは「政治上の基本理念や基本原則」です。例えば、アメリカや日本の政治における原則に対して「ドクトリン」が使われますが、それは大統領や総理大臣の考えともなるので名前を使って「バイデンドクトリン」や「菅ドクトリン」ともなるのです。この応用として「軍事ドクトリン」や「コロナショックドクトリン」という使われ方もあり、穿った見方なら政治を語る上での大変都合良い言葉でもあります。それでは解説に入らせて頂きます。

[adstext]
[ads]

ドクトリンの意味とは

「ドクトリン」の意味は以下の通りとなります。
(1)直訳すると教義・主義・教理で、政策上の原則を示す教書。
(2)アメリカ発の政治用語で、政治や外交や軍事などの基本原則の事。
「ドクトリン」は主にアメリカで用いられる政治用語で教義・主義、或いは基本原則・政策原則という意味合いになる言葉です。単独で「ドクトリン」と使う事もあれば、最初に固有名詞を付けて「アメリカドクトリン」「アメリカ大統領ドクトリン」「日本ドクトリン」「バイデンドクトリン」「安倍ドクトリン」「菅ドクトリン」「コロナショックドクトリン」といったようになります。最も話題を提供するであろう「バイデンドクトリン」とは、アメリカの新大統領・ジョーバイデンの政治上の基本原則ですが、要するに外交における具体的な新しい試みやトランプ前大統領との違いに焦点を置いています。一方で「バイデンドクトリン」の場合は、(少なくても2021年3月時点では)バイデン大統領が自ら発表や表明したものではなく、外部のアナリストなどが過去のバイデン大統領の発言などを要約したものであり、云わば周囲の者が都合良く解釈した政治の基本原則とも受け取れます。ですから本人による正式な「バイデンドクトリン」はトランプ政権の戦略とは大半で真逆になると予想されますが、今後どのようになるかは何とも言いようがありません。飽く迄も基本的な原則であり基本理念として、将来的にはまた新しい「バイデンドクトリン」を本人自らが会見などで公表する事もあれば、また外部の者が会見などから憶測で判断する事もあります。因みに、「安倍ドクトリン」の場合は安倍前総理がインドネシア訪問時に外交の原則を正式に発表したもので、云わば公の場で本人自らが表明した事から意義や重みがあります。よって、大統領や総理が自ら宣言したものは「○○ドクトリン」であると同時に「○○宣言」や「○○教書」とも呼ばれる事が多く、同義扱いとなります。また、かつては軍事教義として「軍事ドクトリン」やかつての海上自衛隊の幕僚長・内田氏の名から「内田ドクトリン」とも呼ばれていました。

ドクトリンの由来

「ドクトリン」の由来は、ラテン語の「教える」を意味する「Doctrina」となります。

ドクトリンの文章・例文

例文1.世界各国が協調や和平のドクトリンを推進すれば、より良い関係を築ける事だろう。
例文2.日米のドクトリンは基本的には同じ路線である。
例文3.コロナ渦の世界をコロナドクトリン、コロナショックドクトリンと一部で呼ばれている。
例文4.バイデンドクトリンがアメリカ国民からどのような反応を示されるのか注目を集めている。
例文5.中国の軍事ドクトリンは人海戦術とされ、近年の巨額軍事費も周辺諸国から欧米各国に脅威を与えている。

日米や中国にコロナなどで「ドクトリン」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ドクトリンの会話例

  • 質問者アイコン

    東日本大震災からどうにか立ち直ろうとしたところに、コロナだものね。

  • 回答者アイコン

    本当に嫌になる。

  • 質問者アイコン

    でも、政権はその先を見ているんだよね。コロナ後の社会はもっと大変みたいだよ。増税とか自由貿易で苦しむ生活になるみたいで、コロナショックドクトリンって早くも言われているよ。

  • 回答者アイコン

    そう言えば電気料金もどさくさに紛れて値上げして、またお金が減るの。本当に最悪。

男女2人がコロナ後の社会が苦しくなると悲観した会話をしています。

ドクトリンの類義語

「ドクトリン」の類義語には、「イデオロギー」「モットー」「スローガン」などの言葉が挙げられます。

ドクトリンまとめ

「ドクトリン」は日米で使われる政治用語で、主義・教義から基本原則などの意味となります。そこから、アメリカや日本の時の権力者などを頭に入れて「バイデンドクトリン」「安倍ドクトリン」や「アメリカドクトリン」「軍事ドクトリン」といった風に使われます。「バイデンドクトリン」ならアメリカ大統領としての基本的な外交戦略や信念、「軍事ドクトリン」は戦争や軍隊の基本的な理念や思想と受け取れます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事