トンマナを理解してデザインをしていく

トンマナ(Tone & Manner)

トンマナとは、広告やWEBサイトなどでデザインの一貫性が保たれていることです。企業の製品やサービスを宣伝するときには、良く見せることもそうですが、企業のブランディングイメージを崩さないことも大切です。企業によってはブランドのイメージカラーというものもあります。今回は、そんな時に使われるトンマナについて話していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

トンマナの意味とは

トンマナの意味は、広告やWEBサイトなどでデザインの一貫性が保たれていることです。トンマナというのは、フォントや色、形、レイアウトなど様々なものにおいて使われることがあります。WEB系でこれから仕事をしたいと思っている人は覚えておいた方がよい言葉と言えるでしょう。

トンマナの由来

トンマナの由来は、「Tone & Manner」にあります。「Tone」は調子のことを表し、「Manner」は様式のことを表します。だから「Tone」と「Manner」の略して、トンマナという言葉として使われるようになったと言われています。

トンマナの文章・例文

例文1.従来通り、企業のイメージカラーを守ることによってトンマナにあった宣伝をする。
例文2.広告で、不自然な印象を与えないようにトンマナを守り、一貫性を作る。
例文3.トンマナが整っていないため、消費者から見たイメージはあまり良いものではない。
例文4.コーポレートサイトのトンマナが整っていて何を伝えたいのかがはっきりしているため、ここ最近の商品の売上がよい。
例文5.トンマナを意識することによってコンセプト、方向性を改めてはっきりさせる。
これらからトンマナという言葉は、デザインの一貫性が保たれている様子を表すのには最適です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

トンマナの会話例

  • 質問者アイコン

    やはり何においても伝えるためのデザインでは、トンマナが大切だよね。

  • 回答者アイコン

    僕もそう思うよ。コンセプトや伝えることが決まっているならそのイメージにあった色であったり、フォントを使った方がいいね。

  • 質問者アイコン

    その通りだよ。だから街にある広告を見ると伝えたいことがぎっしりと詰まっていて凄いと思うよ。

  • 回答者アイコン

    確かに。今度広告を作成するようなことがあれば是非参考にしたいね。

これは、トンマナが大切であるということを話している様子です。

トンマナの類義語

トンマナの類義語には、「UI」「CSS」「UX」などがあります。

トンマナまとめ

何事にも印象というものは大事になってきます。それは企業も同じです。今日多くの会社は、企業のホームページを持っていると思います。どのサイトもその企業のコンセプトにあったトンマナを意識して作られています。そんなサイトを見たときには、トンマナという言葉を思い出してみて、会話で使う場面があったときには使ってみてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事