トランプノミクス

強烈なキャラクターと強い牽引力でアメリカを引っ張る第45代アメリカ大統領のドナルド・トランプは現在も予備選挙を戦っていますが、そんな彼のとった経済政策について説明をしていきます。

トランプノミクスの意味とは

トランプノミクスの意味は「trump」と「economics」を組み合わせている造語です。「trump」は大統領のトランプから、「economics」は経済という意味があり、トランプの経済政策を総じてトランプノミクスと呼んでいます。また特徴としては保護主義的な要素が強く、自国の利益を最優先しており、既存の国際協力の枠組みや合意を翻す事も多くある。TPPの離脱表明はその代表例であり、多様性を受け入れない非寛容な姿勢は時に「Trumpism」と呼ばれる事もあります。

トランプノミクスの由来

2016年11月の大統領選挙によって、共和党のドナルド・トランプが当選して、第45代アメリカ大統領に就任して経済政策をトランプノミクスと呼んでいます。元々はアメリカではレーガン大統領の政策をレーガノミクスと呼んでいた事もあり、自然と定着をした様です。

トランプノミクスの文章・例文

例文1.トランプノミクスは保護主義で他国を排除する側面もある
例文2.TPPからの離脱はトランプノミクスに代表される政策と言える
例文3.トランプノミクスはレーガノミクスと比較される
例文4.インフラ投資の拡大もトランプノミクスの特徴だ
例文5.トランプノミクスによって所得税・法人税の大幅減税が行われた
トランプノミクスは内向きな政策が多いと以前から指摘されている様に、アメリカの国益を第一優先としている。ただ世界の盟主であるアメリカが自国の利益に走っている点についての賛否は今も根強くある。

トランプノミクスの類義語

トランプノミクスの類義語としては、日本の安倍首相が行った「アベノミクス」や第40代アメリカ大統領のレーガンによる「レーガノミクス」があげられる。

トランプノミクスまとめ

ドナルド・トランプがアメリカ大統領に就任後、アメリカの未来・将来が見えないという意見もある。政策については短期的な判断ではなく将来において判断されるべきで現在のトランプノミクスが一体どういった結果となっているのか興味深く注視していきたい所です。

この記事を読んでいる人に人気の記事