デリカシーを持つことを常に心がけている男性。

デリカシー(delicacy)

デリカシーは感情や気配りなどの繊細さのことです。配慮がかけた人に対してデリカシーが無い人と言い表されることがあります。また、デリカシーの欠片も無いのような言い回しもすることもあると思います。相手の気持ちや置かれた状況、心境を考えることなく、無神経に質問や気に触れることを言うことをデリカシーが無いといいます。今回は、そんなデリカシーの例文を合わせて説明をしていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

デリカシーの意味とは

デリカシーの意味は感情や気配りなどの繊細さのことです。デリカシーという言葉はデリカシーが無いといった使い方がされることが多いです。覚えておけるといいと思います。

デリカシーの由来

デリカシー(delicacy)の由来は英単語である「delicate」にあるとされています。「delicacy」は「delicate」の名詞にあたります。そのことから繊細や敏感であることを指す言葉として使われるようになったと考えられています。

デリカシーの文章・例文

例文1.彼のデリカシーの無い発言のせいで場の空気は最悪である。
例文2.デリカシーをもった発言を心がける。
例文3.彼女はデリカシーの欠けらも無い、言動が多くて他人に不快な思いをさせることが多い。
例文4.彼はデリカシーが無く、相手の気持ちを考えずにベラベラと喋る節がある。
例文5.デリカシーがある人になれるよう、相手の表情を見たり気配りが上手な人を見習ったりしようと考える。
これらからデリカシーは繊細さを表す際に用いられることがわかります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

デリカシーの会話例

  • 質問者アイコン

    彼女は相手がコンプレックスに思っていることや話したくないことについても質問したり、話題にあげたりするから相手から嫌に思われるんだよ。

  • 回答者アイコン

    そうだね。彼女は素直でいい子ではあると思うんだけどね。少々デリカシーの無いところがあるからね。

  • 質問者アイコン

    彼女自身もそれは理解していて改善しようと心掛けているらしいね。

  • 回答者アイコン

    それはいいことだね。デリカシーがあって配慮したり、気配りしたりできることはいいことだからね。

これは、デリカシーが無い人について話している様子です。

デリカシーの類義語

デリカシーの類義語には、「敏感」「神経質」「配慮」などがあります。

デリカシーまとめ

デリカシーが無い言動をすると相手から嫌がられたり、不快な思いをさせてしまったりすることがあります。思ったことや感じたことをベラベラと話しているとデリカシーが無いと思われて人からの信頼や信用を失ってしまうこともあると思います。だからこそデリカシーの無い人と思われないように行動できるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事