デッドライン(dead line)

デッドラインとは、超えてはいけない線という意味もありますが、ビジネスシーンでは提出物や雑誌などの締切や納期という意味で使われることが多いです。今回はその「デッドライン」について意味や由来、例文、類義語を交えて詳しく解説いたします。

[adstext]
[ads]

デッドラインの意味とは

デッドラインの意味は以下の通りです。
・超えてはいけない線、限界線
・(新聞、雑誌の原稿などの)締切時刻
・(提出物などの)納期
ビジネスシーンで使われることが多く、納期や期限といった意味合いでよく用いられています。その他には、超えてはいけない線という意味もあります。
わかりやすい例では雑誌の漫画などは毎週作者の人が多くのアイデアを詰め込んで作品を作っていますが、アイデアが出で来ない、作画が間に合わないなどのケースで「作者急病の為、休載」となる事があります。本来のスケジュールでは余裕を持っているはずですが、印刷や流通の問題でその日時よりも遅れると、販売日時に間に合わない事になります。その最終締切の日時をデッドラインとして設定して、そこに間に合わない場合は休載として出版社は処理する事になるのです。

デッドラインの由来

最終期限という意味がある「dead line(デッドライン)」をそのまま日本語として使われるようになりました。

デッドラインの文章・例文

例文1.納期のデッドラインは何があっても守る必要がある。
例文2.デッドラインを定めて自らを追い込むことで、仕事が捗るようになる。
例文3.いつもデッドラインぎりぎりでレポートを提出して教授に迷惑をかけているから、今回は早く提出する。
例文4.原稿に納得がいかず時間をかけていたが、何とかデッドラインには間に合わせた。
例文5.郵送で明後日必着なら、遅くても今日中に終わらせるのがデッドラインだ。
「デッドライン」を使った例文になります。期限という意味で用いられることが多いです。デッドラインが迫るなどという使い方もよくあります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

デッドラインの会話例

  • 質問者アイコン

    今回のレポートはちゃんとやってきたの?

  • 回答者アイコン

    徹夜で朝までやって、何とか終わったよ。

  • 質問者アイコン

    いつもデッドラインぎりぎりだよね。

  • 回答者アイコン

    次こそは計画的に取り組むようにするよ。

講義のレポートについて会話をする学生の様子です。

デッドラインの類義語

「デッドライン」の類義語としては「期限」「納期」などがあげられます。

デッドラインまとめ

「デッドライン」には様々な意味がありますが、主に期限などという意味でビジネス面で用いられています。学生であっても社会人であっても、課題やレポート、仕事の納期など必ずデッドラインというのは身近にあるので、これを機に覚えておくと良いかもしれないですね。また特にビジネスシーンにおいては、期限や納期が間に合わないという事は信用を著しく損なうことになりますから、十分に注意が必要です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事