デカフェ(decaf)

デカフェとは、カフェインが含まれている食べ物や飲み物からカフェインを抜いたものを言います。デカフェは主に飲み物が多く、デカフェコーヒーやデカフェ紅茶などがあります。デカフェについてもう少し詳しく確認していきましょう。

[adstext]
[ads]

デカフェの意味とは

デカフェは、飲み物や食べ物などに成分として入っているカフェインを取り除いたものです。近年健康ブームが訪れる中、カフェインについて見直しがされるようになってきました。適度な摂取は身体に良いとされていますが、過剰摂取はカフェイン中毒を引き起こす原因となるため注意しなければなりません。
しかしそんな中でも、通常はカフェインが入っているものから科学的にカフェインを取り除いた飲料が「デカフェ」です。デカフェ飲料はカフェインを避けている妊婦などでもコーヒーや紅茶を楽しめるように作られました。

デカフェの由来

デカフェとは、英語の『decaffeinated(カフェイン抜きコーヒー)』の略であり、英語で『decaf』と言います。フランス語に由来してデカフェと発音されるようになったと言われています。

デカフェの文章・例文

例文1.夜にコーヒーを飲みたくなったらデカフェコーヒーを飲むようにしている。
例文2.カフェインを辞めたが、デカフェのコーヒーは飲んでいる
例文3.妊娠中のカフェインは良くないのでデカフェに切り替えた。
例文4.この紅茶はオーガニックのデカフェだから周りから意識高いと言われる。
例文5.最近ではどこのお店でもデカフェコーヒーが置かれるようになった。
デカフェについての例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

デカフェの会話例

  • 質問者アイコン

    最近コーヒーにハマってたくさん飲んでるからか、寝つきが悪いんだよね。

  • 回答者アイコン

    それならカフェインが入っていないデカフェコーヒーにするといいよ。

  • 質問者アイコン

    ヘえー、そんなのがあるんだね。ありがとう、試してみるね。

  • 回答者アイコン

    うん、他にも良さそうなものがあったら教えるね。

コーヒーについて会話している様子です。カフェインの取りすぎは体に悪いので程々に摂取するようにしましょう。

デカフェの類義語

デカフェの類義語として、『カフェインレス』『ノンカフェイン』があります。

デカフェまとめ

今回はデカフェについてでした。普段私たちが飲むコーヒーに含まれるカフェインは頭をスッキリとさせてくれたりしますが、過剰摂取で眠くなりずらくなったり、中毒になってしまう事がある為、その際はデカフェの物に変えてみるいいかもしれません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事