ディープラーニング

加速度的に進化を続ける最近のAIの働きには本当に驚かされます。自動車の自動運転であったり、スマホの音声認識であったり、気づけばものすごく身近な存在に。目まぐるしく続くAIの進化ですが、その能力はコンピューターで人間の脳を再現しようとする研究から生まれました。その最新の技術論をディープラーニング(深層学習)といい、いま世界中で研究が進められています。

ディープラーニングの意味とは

ディープラーニングは、人間の脳の仕組みを再現したニューラルネットワークに基づく技術です。従来のものとは異なる大きな特徴として、ニューラルネットワークの多層化に成功したということが上げられます。
コンピューターの処理速度の向上もあって、劇的に処理速度や機能性が改善し、高い学習能力も獲得しました。ディープラーニングは、停滞していたAIの開発が一気に進める起爆剤となったのです。その進歩の速度は驚くほどすさまじく、いまでは様々な分野でAIが実用的に活用できるようになっています。

ディープラーニングの由来

コンピューターにより人間の脳を再現して、AIに搭載するという技術論は古くから存在するものです。しかしながら、処理速度の限界、コスト面の問題などがネックとなり、なかなか発展に結びつきませんでした。それでも地道に研究は続けられ、近年のコンピューターの発達により、ようやく成果として花開いたのです。ディープラーニングは、このような歴史の流れで生まれた技術となります。

ディープラーニングの文章・例文

例文1.ディープラーニングを利用して自動運転技術が実現するとは本当に驚いた
例文2.ビックデータとディープラーニングにより、AIは飛躍的に進化するだろう
例文3.ディープラーニングを機能させるには、膨大なデータの収集と分類が必要となる
例文4.ディープラーニングを用いたAIサービスは今後ますます増えてくはずだ
例文5.AIをつくりたいのなら、ディープラーニングについて深く学ばなければならない
ディープラーニングとそれを支えるビックデータにより、今後ますますAIの進化は進んでいくことでしょう。今後は単なる神経回路の再現だけではなく、AIに人間と同じような知性や想像力が備わるとされています。これは遠い未来の話ではなく、2045年頃には新技術が完成されるのではないかと予想されているのです。

ディープラーニングの類義語

最新技術合なだけあり、ディープラーニングの類義語といえる表現はありません。
しかし、その技術の要であるニューラルネットワークには様々なタイプがあります。
より効率のいいモデルを求めて研究が進んでいるので、今後はその名称で呼ぶ機会が増えていくかもしれません。

ディープラーニングまとめ

自動運転すら可能にするディープラーニングの技術ですが、まだまだ発展途上で進化の余地が残されています。
今後どのような発展を遂げるのか、社会にどう影響を与えるのか、その動きは注目に値するはず。
AIの普及や進化は、時代を読む上で、ますます重要な要素となっていくことでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事