自分自身でディシジョンする

ディシジョン(decision)

「ディシジョン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?ビジネスの世界では度々使われる言葉になりますが、聞きなれない方が多いかもしれませんね。この「ディシジョン」という言葉の意味や、使うシチュエーションに関して解説をしていきたいと思います。

ディシジョンの意味とは

「ディシジョン)」とは「決断する」「決定する」という意味の言葉を意味する「deside」の名詞形である「decision」からきている言葉になります。従って、ビジネスにおいては、何かしらの意思決定の際に使われるような言葉になります。

ディシジョンの由来

ディシジョン(decision)は英語の「deside」からきているという説明をしましたが、そもそも「deside」という言葉の成り立ちを見ると、「de=離す」と「side=絶やす」という2つの意味から成り立っています。このことから、それを合わせた「deside」には、「他の選択肢を切り離して絶やす」という意味となり「ディシジョン(decision)」となったとされています。

ディシジョンの文章・例文

例文1.今回のことに関して、どういうディシジョンが下るかわからない
例文2.コストパフォーマンスの観点で悩んでいたが、承諾というディシジョンを下した
例文3.そのディシジョンが下ることで、会社全体として大きな変化が訪れると感じている
例文4.そのディシジョンに関しては異議がある
例文5.あの時のディシジョンは正しかったと、今でも思う
ディシジョンは例文のように、個人もしくは集団としての意思決定に際して使われるような単語になります。その為、意思決定における決定権者が責任を負う事に対する意味合いもニュアンスには含まれています。
次は実際に会話の中でディシジョンがどういった使われた方をしているのか、会話例を確認してみましょう。ディシジョンの意味をイメージしながら、会話例をご覧になって頂ければ、一層理解が進むはずです。

ディシジョンの会話例

  • 質問者アイコン

    ビジネスにおいてはディシジョンのスピードが大事だ!
    この前の新規事業のプランはA案とB案のどちらにするのか、ディシジョンしたのか?

  • 回答者アイコン

    実はまだ予算と変化する事象が多い為に、
    A案とB案のどちらにするかディシジョン出来ていないんです…。

  • 質問者アイコン

    ステークホルダーにも会社としてのディシジョンを明確にする必要がある。
    予算管理と市場の変化を予測した上でどちらにするのか今週中には明確にしてくれ!

  • 回答者アイコン

    もう一度、市場調査をした上で
    会社の利益、ステークホルダーへの影響も考慮してディシジョンをします!

ディシジョンはビジネス上では「意思決定」という使われ方や意味での利用が一番多いと言えるでしょう。会社や企業においては、そのディシジョンによって業績や給与にまで反映される事すらありますから、しっかりと意味を理解した上で、正しく使うのがビジネスマンの品格と言えるでしょう。

ディシジョンの類義語

ディシジョンには、その単語を頭につけて使う言葉がいくつか存在しています。例えば「ディシジョンツリー」というものがあります。これは、これはクラスター分析をする際に用いる技術のことです。これは1例として挙げましたが、他にも「ディシジョンテーブル」といった言葉も存在しています。

ディシジョンまとめ

この言葉はどちらかといえばビジネスの世界で使われることが多いです。ただ、その中でも頻繁に使われる言葉というわけではないですが、使用する際は重要な局面である事が多い事を理解した上で、使い方には十分気をつけてみてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事