テレワーク

日本でも働き方改革が推進されてきており、女性の育児休暇制度の推進もあり、テレワークという働き方も注目を集めています。既存の枠の中ではなく、時間や場所に縛られない働き方も今の時代のニーズにはあっている様です。そんなテレワークについて説明をしていきます。

テレワークの意味とは

テレワークとは表記は「telework」となります。「tele」と「work」を合わせた造語です。「tele」は日本語の意味だと離れた所、「work」は働くとなり、離れた場所で働くという意味で使われています。情報通信技術を使って制約を受ける事なく自由に働くという意味もあります。

テレワークの由来

テレワークは1970年代にロサンゼルス周辺にてエネルギー危機と大気汚染の緩和を目指してスタートしたと言われていますが、その後インターネットの普及と女性の社会進出が進んだ事でテレワークは社会に浸透していきました。

テレワークの文章・例文

例文1.テレワークは国土の広いアメリカからスタートしたと言われる
例文2.働き方改革でテレワークはまた注目を集めている
例文3.就職活動の際にはテレワークが可能かどうか確認する
例文4.育児中の人にとってテレワークはありがたいシステムだ
例文5.テレワークは女性の社会進出を大きく助けた
テレワークは今までの拠点集中、拠点集約型の既存のシステムと全く異なるシステムとして1980年代、1990年代に注目を集めましたが、多くの企業が導入を検討しましたが、生産性の低下の問題もあり、頓挫したケースもあったようです。

テレワークの類義語

テレワークの類義語としては、最近では「リモートワーク」があげられます。遠隔で仕事をするという意味ですので、テレワークとは極めて近い言葉と言えるでしょう。

テレワークまとめ

テレワークは日本ではリモートワークと言い方を変えて、近年また注目されて導入をしている企業が増えていますので、今後さらに社会に浸透していく事が予想されます。

この記事を読んでいる人に人気の記事