テレカンをしている人

テレカン(telephone conference)

新型コロナウイルスによって、在宅勤務をしている人も多いのではないでしょうか。そんな折、よく聞く単語として、この「テレカン」があげられます。「在宅勤務にはなったものの、定例会議などの会議は行いたい。」「在宅勤務になったことで、進捗について話し合いたい」といった場合にこのテレカンをする場合が多いでしょう。
では、このテレカンとはいったい何のことを指しているのでしょう。ここで詳しく見てみましょう。

[adstext]
[ads]

テレカンの意味とは

このテレカンとは、遠隔会議や電話会議のことを指します。SkypeやChatworkなどによって、1対1の場合もありますし、3人以上の複数人の会議もおこなうことができます。該当の画面共有をしたりすることもできますが、通信速度などによる影響を受けやすいため、直接面と向かって進行する会議とはすこし勝手が違う場合もあります。

テレカンの由来

最近の働き方はさまざまなものがあります。こういったコミュニケーションツールを使うことで、直接赴かなくてもよくなるので、その分の時間やコストを削減することができます。これからの働き方に即したこれからなくてはならいものとなるでしょう。

テレカンの文章・例文

例文1.テレカンの時間だから、もう行くね。その話はまた後で。
例文2.この議題については、この後のテレカンで精査するようにしよう。
例文3.テレカンよりも実際の会議のほうが場の緊張感がある。
例文4.在宅勤務の際には、顔のでるテレカンのときには背景にも気を遣う。
例文5.テレカンによって、各地のプロジェクトの進捗がわかるようになった。
テレカンなどによって、この先の働き方ももっと変わっていくでしょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

テレカンの会話例

  • 質問者アイコン

    このインシデントなんだけど、一度ほかのプロジェクトの人もいる場で話し合ったほうがいいかもね。

  • 回答者アイコン

    でも、各地ばらばらじゃないですか。それで、このインシデントのために集まってもらうのは気が引けます。

  • 質問者アイコン

    うちにはテレカンできる機材がそろっている会議室があるからね。そこを使ってテレカンしよう。

  • 回答者アイコン

    なるほど、それならこちらにわざわざ来てもらわなくても大丈夫ですね。

出張費などの削減にもなるため、テレカンを導入したほうが作業効率が上がるでしょう。

テレカンの類義語

テレカンの類義語として、「Web会議」「遠隔会議」などがあげられます。

テレカンまとめ

最近の仕事のコミュニケーションツールは、さまざまなものがあります。そういったものの中に、このテレカンが行えるツールもあります。このテレカンを行うことによって、こまめに進捗を確認することができたり、わからないことがあればすぐに聞くことができるシステムを形成することができるようになります。
導入コストはかかるものの、これからのことを考えると、導入したほうがより良い仕事ができるようになるでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事