チューニング(tuning)

「チューニング」とは、元々ある機械などの構造を変えることなく、調整して性能を向上させることです。よくギターの弦をキツくしたり緩めたりして音を合わせることをチューニングと言うので、楽器をされたことのある方には馴染みのある言葉だと思います。実際にチューニングとは、楽器以外にも様々な物において使われています。今回はその「チューニング」について解説していきます。

[adstext]
[ads]

チューニングの意味とは

「チューニング」の意味は以下の通りです。
・ラジオやテレビの周波数を合わせること
・ピアノやギターなどの楽器の音を調律すること
・機械などの性能を調整すること
・コンピューターのプログラミングやシステムの設定を向上させることで最適化すること
冒頭でも説明した通り、ギターの音を合わせるのによく使われているイメージの言葉ですが、このように様々な場面で「チューニング」という言葉は用いられています。

チューニングの由来

「チューニング」とは、“tune(調和)”を進行形にしたものです。「調整」や「調律」といった時に使われています。

チューニングの文章・例文

例文1.ライブ前には各楽器のチューニングを行う。
例文2.1年に1度、ピアノのチューニングを調律師さんにお願いしている。
例文3.ラジオの電波が悪くなったため、周波数をチューニングした。
例文4.コンピューターのプログラミングをチューニングする。
例文5.車のチューニングをしてもらってから、燃費が少し良くなった。
「チューニング」の例文です。チューニングは様々なものの性能を向上させるために行われます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

チューニングの会話例

  • 質問者アイコン

    最近ギターの弦が張りすぎて音を合わせるのが難しいんだけどどうしたらいいかな?

  • 回答者アイコン

    自分でチューニングできないくらい張ってしまったら、もうお店でチューニングしてもらうか、弦を変えるしかないよ。

  • 質問者アイコン

    やっぱりそうだよね、これ以上張ったら今にも切れてしまいそうだよ。

  • 回答者アイコン

    それは大変ね。楽器屋さんに行ってみた方がいいね。

ギターのチューニングについての会話の様子です。

チューニングの類義語

「チューニング」の類義語は、「調律」、「調整」、「補整」などです。

チューニングまとめ

楽器の調律などで使われるイメージの強い「チューニング」という言葉ですが、実は機械やプログラミングなど様々なところで使われています。物によっては少し意味が変わってきてしまうこともあるので、注意が必要です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事