チキータ(Chiquita)

「チキータ」とは「卓球界を席巻したボールに強烈な回転を与えてカーブさせるバックハンド打法」です。主にレシーブ時に打つ事が多く、バナナのように曲がるのが最大の特徴となっています。ですから対戦相手としては打ち返すのが難しく(現在は対策も進んでいますが)、効果的に「チキータ」を繰り出すと試合を有利に進められ、一時はどの選手も「チキータ」ばかりを繰り出し、その技術が長けている方が勝利を収めるようになったのです。それぐらい試合を左右する必殺ショット「チキータ」の解説となります。

[adstext]
[ads]

チキータの意味とは

「チキータ」の意味は以下の通りとなります。
 (1)米バナナ企業の名称「チキータ・バナナ」とスペイン語の「小さい」を由来とする卓球のバックハンド打法で、ボールに強烈な横回転や上回転を掛けてカーブさせる技術。
 (2)現在の卓球競技においてサーブやレシーブ時に最も効果があるバックハンド技術で、東京五輪でも有力な男女選手の多くがこの技を得意として勝ち進み、卓球界のスタンダードになっている。
 (3)卓球強豪国である中国選手が用いる事で知られる主にレシーブ時の強烈回転の技術だが、日本では張本智和選手や伊藤美誠選手が得意としている。
 (4)「台上バックハンドドライブ」「ループドライブ」も同義。
「チキータ」は卓球の打法の一つで、現在の卓球界では相手を倒すのに最も効果的とされる技術です。逆に言うならこの「チキータ」をマスターして、そして相手が繰り出す「チキータ」の対策をして打ち返せないと試合には負けるので、五輪など世界大会で勝ち抜くのは大変険しくなります。「チキータ」の技の解説ですが、主にレシーブ時に用いる打法で手首の反動を利用して強烈な横回転や上回転をボールに掛ける技術で、するとカーブが掛かるので相手選手は打ち返すのが難しくなります。要するにサッカーで例えるとバナナシュートのような曲がる弾道が「チキータ」の事です。このような必殺レシーブをマスターすれば試合を有利に展開できますが、しかし、卓球の世界は素人が考える以上に日進月歩で、これだけ「チキータ」が主流となると当然ながら対策を練るようになります。かつては、通常はサーブ側が圧倒的に有利な卓球という競技でしたが、「チキータ」によってサーブ側が不利になり競技そのものが変わってしまったほど強烈で強力なインパクトを残したのですが、これだけどの選手も「チキータ」を繰り出すようになると、相当な威力ある「チキータ」でないと逆に狙われるようになったのです。また、バックハンド技術なので相手のフォアハンド側を狙って打つと、必然的に「チキータ」を封じ込める事になります。

チキータの由来

「チキータ」は卓球のチェコ代表として活躍したピーター・コルベル選手がジュニア時代の練習中に偶然発見し、その後1990年のヨーロッパ選手権の団体戦で試合中に繰り出したのが最初とされています。それから「チキータ」は攻撃を有利に進める技術となりましたが、現在のように劇的に進化させたのが中国代表・張継科選手で、より回転を掛けた攻撃的なレシーブとして2011年以降の主要な世界大会で連勝を重ね、そこから「チキータ」が卓球界を旋風したのです。因みに「チキータ」という名称はアメリカでバナナや砂糖を販売する企業「チキータ・ブランド」(又はバナナの品種名「チキータバナナ」)からバナナのように曲がるレシーブとして名付けられ、言葉としてはスペイン語の「小さい」という意味になります。

チキータの文章・例文

例文1.サッカー界のチキータと呼ぶべきバナナシュートの名手といえば中村俊輔やロベルトカルロスだ。
例文2.卓球は年々盛り上がりを見せるスポーツだが、その裏にはチキータのような素晴らしい技がいくつもあると思うと興奮や感動をする。
例文3.友人とプレステのサッカーゲームで対戦をしていて、バナナシュートを打ったら「チキータ禁止」と注意された。
例文4.チキータに注目をして卓球を観戦すると、また試合が面白くなる。
例文5.チキータの応用として逆チキータという技術も主流になっている。
卓球やサッカーなどで「チキータ」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

チキータの会話例

  • 質問者アイコン

    また決まったよ伊藤選手のレシーブが。これでこのまま勝利するかな。

  • 回答者アイコン

    でも、何で相手選手は上手く打ち返せられないの?

  • 質問者アイコン

    それがチキータなんだよ。普通のレシーブではなく、強烈な回転が掛かっているからね。

  • 回答者アイコン

    なるほどねー。だから打ち返すのが難しいんだ。

伊藤選手が活躍する卓球の試合をテレビ観戦する男女の会話内容です。

チキータの類義語

「チキータ」の類義語には、同じく卓球のバックハンドとして「裏面打法」「ショート」「王子サーブ」「プッシュ」などの言葉が挙げられます。

チキータの対義語

「チキータ」の対義語には、「逆チキータ」などの言葉が挙げられます。

チキータまとめ

「チキータ」は卓球のレシーブの一つで、ボールに強烈な回転を与えて意図的にカーブ変化させる技術です。近年の卓球界で最も効果を発揮し、また大勢の選手に浸透した技と言っても過言ではありません。それだけに中途半端に繰り出すと対策を練った選手からは逆に狙われる可能性もありますが、それでも従来の卓球を劇的に進化させ、今でも「チキータ」を独自のものに習得すれば相手選手を倒すのに最も効果的とされています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事