ダウンフォール作戦(Operation Downfall)

「ダウンフォール作戦」とは「第二次世界大戦下でアメリカを中心とした連合国側が、日本を壊滅させる為に実行する予定だった幻の日本上陸作戦」です。平和な現在は戦争を意識する事もなく、北朝鮮やイスラエルなどの国際問題もどこか他人事で無関心という人が多いと思います。しかし、日本もちょっとしたボタンの掛け違いがあれば、現在のような平平凡凡な毎日はなかったのです。と言うよりも、先進国入りは到底不可能なアジアの3流国家であり極東の島国として終わっていた可能性が十分あったのです。そんな暗黒期を象徴する日本壊滅を目的とした「ダウンフォール作戦」の解説となります。

[adstext]
[ads]

ダウンフォール作戦の意味とは

「ダウンフォール作戦」の意味は以下の通りとなります。
(1)第二次世界大戦下における米英ソ連などの連合国軍による日本本土上陸計画の作戦名。
(2)1945年11月に実行される可能性があったアメリカを中心とした連合国による日本全土を壊滅させる幻の作戦で、日本が第二次世界大戦の敗戦を受け入れ降伏したので計画が中止された。
(3)第二次世界大戦のアメリカ軍による日本壊滅を予定していた2つの作戦(1945年11月の「オリンピック作戦」と1946年3月の「コロネット作戦」)を合わせた名称が「ダウンフォール作戦」。
「ダウンフォール作戦」は第二次世界大戦下において、敗戦濃厚な日本並びに日本軍に止めを刺すアメリカやイギリスやソ連を中心とした連合国軍による艦隊の射撃や空襲攻撃に化学兵器の使用といた総攻撃の事です。日本はポツダム宣言で敗戦を認め、さらに広島と長崎に原爆が投下されたので「ダウンフォール作戦」は実行されなかったが、もし日本が最後まで悪あがきをしていたら、全土を壊滅へと追い込むこの恐ろしい作戦がアメリカ軍によって実行されていたのです。通常の考えなら、原爆を落とした上でなぜこのような作戦を練っていたのか疑問ですが、それだけアメリカ側が日本軍の特攻隊など命知らずの兵士による反撃を恐れていたとする声があります。また当初は原爆開発が遅れるとされ、「ダウンフォール作戦」で壊滅する流れとなっていたようです。しかし、原爆が予定より早く完成したのでアメリカ国内の世論なども受けて、日本に投下する決断となり、その結果「ダウンフォール作戦」は中止となったのです。正確には「ダウンフォール作戦」は1945年11月の「オリンピック作戦」と1946年3月の「コロネット作戦」の二つを合わせたもので、空襲空爆に加えて化学兵器や生物兵器を使うもので、さらに地上戦も実施する予定でした。今では幻の作戦となっていますが、もし原爆だけでなく「ダウンフォール作戦」までされていたら、現在のような日米同盟や協力関係を維持するのは難しかったのではないでしょうか。

ダウンフォール作戦の由来

「ダウンフォール作戦」はアメリカによる第二次世界大戦中の日本軍を全面降伏させ終了させるものだが、当時の資料によると1942年8月の段階で協議が始まり、1943年4月には構想と予備計画が練られ報告書も作成されていました。

ダウンフォール作戦の文章・例文

例文1.ダウンフォール作戦が実行されなくて安心しているが、そもそも原爆を落とす必要があったのか懐疑的である。
例文2.アメリカという国は他国をどん底に突き落とす事に関しては容赦ないとダウンフォール作戦が物語っている。
例文3.米軍によるイラク戦争やベトナム戦争はダウンフォール作戦のようなものだろう。
例文4.現在の腰抜けな政治家は誰一人、アメリカにダウンフォール作戦や原爆投下の真意を問う事はできない。
例文5.結果的には日本全土に米軍基地が点在しているのだから、実行せずのダウンフォール作戦は成功したようなものだ。
日本側の憤りとして「ダウンフォール作戦」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ダウンフォール作戦の会話例

  • 質問者アイコン

    いやー、それにしてもアメリカは本当に恐ろしい国だよ。

  • 回答者アイコン

    また第二次世界大戦のドキュメンタリー番組を観ているの。まったく、今は平和なんだからそんな昔の戦争なんて、もう忘れなよ。

  • 質問者アイコン

    そうだけど、俺達の爺さんや曽祖父さんが苦しんだ事実は知っておくべきじゃない。原爆投下で戦争は終わったけど、本当は全国各地を空襲して兵士が地上戦を展開するダウンフォール作戦も控えていたんだよ。

  • 回答者アイコン

    何それ? そこまで徹底的に日本を壊滅させる気だったのアメリカって。

夫婦が「ダウンフォール作戦」について会話をしています。

ダウンフォール作戦の類義語

「ダウンフォール作戦」の類義語には、アメリカ中心の連合国による日本侵攻の作戦として「日本本土上陸作戦」「ブラックリスト作戦」などの言葉が挙げられます。

ダウンフォール作戦の対義語

「ダウンフォール作戦」の対義語には、日本側の戦時下の作戦として「竜巻作戦」「天号作戦」「和号作戦」「嵐作戦」などの言葉が挙げられます。

ダウンフォール作戦まとめ

「ダウンフォール作戦」は第二次世界大戦下のアメリカを中心とした連合国が日本全土を壊滅させるオリンピック作戦とコロネット作戦を二つ合わせた作戦名で、日本がポツダム宣言や原爆投下で敗戦を受け入れた事でこの作戦が中止されました。仮に実行されていたら、空襲や地上兵士に加えて化学兵器などの使用も検討されていたので、日本側は空前の大ダメージを受けていた恐れがあったのです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事