タミフル

インフルエンザが流行りだすと、同時にタミフルという言葉を見聞きする事はありませんか? タミフルは抗インフルエンザ薬で、服用することで高熱を治す効果があります。その一方で、異常行動など死亡するケースも相次ぎ、社会的な大問題が過去に起きた事もありました。

タミフルの意味とは

インフルエンザ治療薬として、日本で最も有名なのがタミフルです。インフルエンザウイルスのA型とB型を抑える効果があり、発症から48時間以内に服用すると高熱などの症状から守り早く回復させます。
インフルエンザに対して効果があるとされる一方、2007年頃にはタミフルによる異常行動や死亡事故が大問題となりました。その背景には、厚労省が副作用を放置していた理由として、製薬会社からの献金問題が指摘されています。
世界的にはタミフルから遠ざかる流れなのに対し、日本だけで全世界消費量の75%を占める異常事態となっています。一時は10代に対してタミフル使用が禁止されていましたが現在は解除され、添付文書の警告文言も削除となりました。

タミフルの由来

1996年に米ギリアド・サイエンシズ社が開発し、スイスの世界的製薬会社「エフ・ホフマン・ラ・ロシュ」が全世界で販売しているのがタミフルです。タミフルは商品名で、日本では中外製薬が販売し、ジェネリック医薬品では沢井製薬が「オセルタミビル」で販売しています。
タミフルの一般名は「リン酸オセルタミビル」(oseltamivir phosphate)で、これでは長い事から省略してタミフルになったとされています。

タミフルの文章・例文

例文1.タミフル騒動の背景には何があったのか
例文2.タミフルがインフルエンザを抑制するのは事実
例文3.使用上の注意を守ってタミフルを服用する
例文4.病院に行ったらタミフルが5日分服用された
例文5.世界初の抗インフルエンザ薬がタミフル
インフルエンザ特効薬がタミフルなので、その効果を謳った例文がネット上には広く見つける事ができます。その一方、過去には問題があったのも事実なので、そこから否定的な意見も発見できます。現在は、タミフルと異常行動には関連性がないという答えですが、今後なにか問題が再発するようなら例文も変わってきます。

タミフルの類義語

タミフルの類義語には、「ウイルス剤」「合成タミフル」「治療薬」などの言葉が挙げられます。

タミフルまとめ

インフルエンザ治療薬の商品名がタミフルで、C型以外のインフルエンザに対して効果が期待できます。それでも、インフルエンザに発症してもタミフルを希望しない患者には処方しないのが、病院側の方針となっています。
現在はタミフルに対して、以前ほどネガティブな意見も少なくなり、10代に対しての使用も認められています。
「タミフル使用上の注意・厚生労働省」
タミフル使用に関する注意事項を厚生労働省が出しているので、良かったら確認してみて下さい。

この記事を読んでいる人に人気の記事