タフティング(Tufting)

「タフティング」とは「Z世代の女性達に大人気の布の上にオシャレな絵を描く縫物の一種」です。女性は元々手先が器用な事から手芸好きで、これだけデジタル化が進んでも手作りで縫物をしたいと考えている人が多いです。そこにZ世代ならではの感性や韓国人気やDIYなども影響をし合って、「タフティング」が大人気で注目をされています。

[adstext]
[ads]

タフティングの意味とは

「タフティング」の意味は以下の通りとなります。
(1)元々は表布やキルト綿を一緒に綴じて形が崩れないようにする縫物の技術だが、タフティングガンを使って布の上にオシャレな絵を描くのが韓国で流行り、日本でも同様に若い女性を中心に人気でZ世代が注目をする2022年のトレンド予測にノミネートしている。
(2)タフティングガンと糸を使って布に束ねた房を縫い込む技法で、もこもこした肌触りや可愛さがウケて若い女性達の間ではハンドメイドをするのが流行っている。
「タフティング」の「タフト(tuft)」は「髪や糸や羽毛の房」という意味で、そこから縫物用語として上記のような意味合いになります。元々「タフティング」という言葉は存在したのですが、昨今の韓国ブームの流れで韓流スターやスイーツなどのように、韓国で人気の縫物であった「タフティング」が日本の若い女性達の間にも浸透していきました。手作業ではあまりにも大変なので現在は簡易的ミシンのような電動工具「タフティングガン」を用いて、世界に一つだけのオリジナルラグ(敷物)を作るのがブームです。より深掘りするなら、何年も前から女性達の間で日曜大工的な「DIY」が流行っていたので、その流れと韓国人気にコロナ禍での自宅巣ごもり、そしてインテリア好きなどが絡み合って、「タフティング」は様々な女性タイプに広まったとも考えられます。現在は初心者向けの「タフティング教室」が各地で開かれたり、SNSには自慢の手作りラグの画像が溢れ、暫くはこの人気が続きそうです。

タフティングの由来

「タフティング」の発祥は北欧各国で、寒さ対策として手袋の内側に羽毛を埋め込む技術として考案され、その後1950年代になると「タフティングマシン」によってカーペットなどの大量生産が可能になりました。

タフティングの文章・例文

例文1.職場の同僚がタフティングに嵌まっていて、社内はまるで彼女の自宅のようにお手製グッズで溢れ気色悪いが誰も口には出せない。
例文2.このままタフティング人気が続けば、呪いの藁人形もタフティングガンで作りそうだ。
例文3.最初はバカにしていたが彼女に勧められてやってみると、タフティングも想像力が試されて意外に面白いものだ。
例文4.婚活目的でタフティング教室に通い出したが、その多くは既婚者ばかりでこれなら素直に結婚相談所に行けば良かったと後悔している。
例文5.日本で若い女性には異常なぐらい韓国人気があるが、逆に韓国では日本文化は人気があるのかタフティングブームを感じながら考えてしまった。
「タフティング」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

タフティングの会話例

  • 質問者アイコン

    それって、もしかして俺へのプレゼント?

  • 回答者アイコン

    1ヵ月以上を費やした渾身のタフティングラグよ。大事に使ってね。

  • 質問者アイコン

    悪いね…ありがとう。これって、どこで使えばいいのかな?

  • 回答者アイコン

    それはインテリアとして部屋の一番良い場所に飾ってよ。もし捨てても、GPSが内蔵してあるからね。

知人女性から手作り「タフティングラグ」をプレゼントされ、戸惑ってしまう男性という内容です。

タフティングの類義語

「タフティング」の類義語には、同様のトレンド予測されるモノとして「ビーズキーホルダー」「キーリングハンガー」「メンズネイル」「カラー眉メイク」などの言葉が挙げられます。

タフティングまとめ

「タフティング」は糸を使って布の上に絵を描く最新アートであり縫物で、若い女性達であるZ世代には韓国の影響もあって大変人気があります。タフティングガンを使うとサイズが大きなラグも容易となり、センスやアイディアを活かしたハンドメイドとして2022年のトレンド予測にノミネートされるほど注目を集めています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事