セクハラを受ける女性

セクハラ(sexual harassment)

仕事の上司と部下という関係のせいで強く発言できないのを良いことに、性的な嫌がらせをする行為をセクハラと言います。今ではセクハラ防止のポスターや条約があるので意識を常に持って気をつけているので、なくなったわけではありませんがかなり減ってきました。どの程度の接触がセクハラにあたるのかわからず知らない間にセクハラをしてしまっているかもしれません。今回はこの「セクハラ」について掘り下げていきます。

[adstext]
[ads]

セクハラの意味

職場内での労働者の「意に反する性的言動」が対象となる性的な嫌がらせをすることを言います。意図的で性的な身体の接触や嫌がらせや、性に関する質問や淫らな誘いをするなど言葉による性的な嫌がらせなども含まれます。受け入れないと仕事に支障が出るというような脅し文句が用いられたり、場の雰囲気、立場などの環境によって拒むこと出来ない場合が多いです。

セクハラの由来

セクハラはセクシャルハラスメントの略であり、1970年代の初めにアメリカの女性雑誌『Ms』の編集主幹でフェミニストのグロリア・スタイネムらが作り出した造語です。
「ハラスメント」は人を困らせる、悩ませるという意味の動詞harassが名詞化した語。
1989年、福岡県の出版社に勤務していた女性が上司を相手にセクハラを理由とした日本初の民事裁判を起こしたのがきっかけで、日本でも今までの女性に対するセクハラ行為や発言を取り上げられるようになりました。

セクハラの文章・例文

例文1.妹が会社の上司からセクハラを受けて会社に行くのが怖いと相談してきた
例文2.場を和ませるつもりだったがそれはセクハラだと注意されてしまった
例文3.部長から日々セクハラを受けているが入社したばかりで波風立てたくないので我慢している
例文4.先輩は普段は優しいのにお酒に酔うとセクハラをしてくるので困っている
例文5.セクハラで訴えられるのが怖くて異性の社員と会話出来なくなってしまった
セクハラの定義が広く、何気ない会話のつもりがセクハラ発言とされてしまうので女性と話すのが怖いという男性が増えています。特にそういった話に慣れていた上の年代にセクハラの加害者になってしまう方が多いようなので注意が必要です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

セクハラの会話例

  • 質問者アイコン

    いやぁ、こんな可愛い子と飲むお酒はいいなぁ、明日は休みだしこのあとどっか泊まって明日も一緒にいる?

  • 回答者アイコン

    泊まりませんよ〜!
    そういうの、セクハラになっちゃいますよ?

  • 質問者アイコン

    え〜、いいじゃん別に!嫌じゃないでしょ?それにしても綺麗な肌だね、触っていい?

  • 回答者アイコン

    あ、もう完全にセクハラです。

お酒を飲む上司と部下の会話になります。仲の良し悪しに関係なく、ちょっとした発言や接触がセクハラとなってしまう可能性があるので注意しましょう。

セクハラの類義語

セクハラの類義語に「マタハラ(マタニティーハラスメント)」「ジェンハラ(ジェンダーハラスメント)」「マリハラ(マリッジハラスメント)」など男女関係にまつわるハラスメントが挙げられます。

セクハラまとめ

セクハラは立場を利用して性的な行為や発言をして嫌な思いをさせることです。実は「エンジョイハラスメント」や「エイジハラスメント」「テクノロジーハラスメント」など30種類以上もハラスメントがあるそうです。定義上ハラスメントとされていても親密度や性格によっては問題にならなかったり、定義から外れていても「嫌だ」と思ってしまえば問題になってしまう少し難しいのが「ハラスメント(嫌がらせ・いじめ)」です。
とはいえ、誰とも関わらずに仕事ができるわけはありませんし、相手の気持ちや性格を考えて接することは人間としてある程度出来ていなくてはいけないことかと思いますので、注意していきましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事