スモークハラスメントを受ける女性

スモークハラスメント(すもーくはらすめんと)

〇〇ハラスメントといった言葉は近年多く見られますよね。その中の1つである「スモークハラスメント」は長年問題になっているハラスメント行為です。今回は「スモークハラスメント」について詳しくご紹介していきます。

[adstext]
[ads]

スモークハラスメントの意味とは

「スモークハラスメント」とは、職場などで非喫煙者に対して受動喫煙を強制させたり、煙をさらすことを指す言葉で、略して「スモハラ」と呼んだりもします。

スモークハラスメントの由来

「スモークハラスメント」は、和製英語で1993年に作家の山本由美子氏によって提唱されて依頼、徐々に広まりました。
スモークハラスメントの事例として
・職場などにおいて、上司が部下に喫煙を強制する
・飲み会などで非喫煙者に受動喫煙をさせる
・歩きたばこをすることで周りの人に受動喫煙をさせる
などが挙げられます。
こうした事例によって、非喫煙者が受動喫煙症に疾患したり、精神的苦痛を味わうなどして裁判沙汰に発展するケースも少なくありません。
「スモークハラスメント」によるトラブルを受け、飲食店などでは喫煙席と禁煙席を分ける「分煙」の措置をとるなどの対策が練られているところも増えています。

スモークハラスメントの文章・例文

例文1.スモークハラスメントは法律違反ではないが、裁判に発展したケースも少なくない。
例文2.上司にスモークハラスメントを受けている。
例文3.居酒屋でのスモークハラスメントも問題になっている。
例文4.喫煙者として配慮はしているが、もしかしたら気づかないうちにスモークハラスメントをしているかもしれない。
例文5.上司によるスモークハラスメントを相談できない人は多いようだ。
強制的な喫煙や受動喫煙は身体に大きな影響を及ぼす可能性が高いです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

スモークハラスメントの会話例

  • 質問者アイコン

    最近体調が良くないんだ。

  • 回答者アイコン

    あら、どうしたの?

  • 質問者アイコン

    実は、職場の休憩時間に上司に喫煙所に連れていかれてタバコを吸えっていわれるんだ。上司だから断ることもできなくて・・・。

  • 回答者アイコン

    それって立派なスモークハラスメントじゃない。早く誰かに相談すべきよ。

自分の趣味嗜好を他人に押し付けることはやめましょう。

スモークハラスメントの類義語

「スモークハラスメント」と関連する言葉には「ヌードルハラスメント」「ソーシャルメディアハラスメント」「セクシュアルハラスメント」などがあげられます。

スモークハラスメントまとめ

今回は「スモークハラスメント」について詳しくご紹介しました。
喫煙者も非喫煙者もお互いが気持ちよく生活をするためには、双方の協力や配慮が欠かせないものとなるでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事