スマート農業で効率化する

スマート農業(すまーとのうぎょう)

日本は食料自給率が低い国です。この問題は昔から取り上げられていました、しかし色々な技術の進歩によりこの問題を解決出来る日が来るかもしれないんです。その鍵となるのがスマート農業です。それではそれが何なのか見ていきましょう。

[adstext]
[ads]

スマート農業の意味とは

スマート農業とは、最先端のICTの技術やロボットを農業に活かしてより農業を効率化する事です、。現場でのきつく危険な作業を労働者がしなくて済むことによって、誰もが農業をする事が出来る環境を作り、大規模な生産や高品質な生産を可能にする新たな農業です。農業の業界で問題視される事は数多くあり、若手や労働力の不足、挙げられるものは農業の就業者の平均年齢が60歳を超えてしまっている事、生産や流通などの連携の効率の悪さ、勘や経験によるノウハウを得ることの難しさなどが前から言われています。しかしこれもスマート農業にすることによって幾つかの問題は解決できる事でしょう。

スマート農業の由来

スマート農業は、「Smart Agriculture(スマートアグリカルチャー)」を日本語に略したものです。
日本独自で使われている言葉ともいえるでしょう。

スマート農業の文章・例文

例文1.日本の農業界の若手不足を解消する為にはスマート農業が必要だ。
例文2.高齢者をきつい農業の作業から救うスマート農業。
例文3.ロボットやICT技術の進歩によりスマート農業が可能となる。
例文4.これからの日本にはスマート農業が必要である。
例文5.日本の生産不足はスマート農業によって解消されていくだろう。
本当にたくさんの農業の現場でスマート農業が取り入れられれば、たくさんのいい事が起こりそうですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

スマート農業の会話例

  • 質問者アイコン

    知ってる?スマート農業がこれからの日本を救うんだよ!

  • 回答者アイコン

    一体スマート農業ってなんなの?

  • 質問者アイコン

    ロボットやICT技術の進歩を活かして農業のいろんな問題を解決して、農業をより賢く発展していこうとしていることをスマート農業というんだよ、オランダなどではすでに行われていて、すごく効率が良いんだ。

  • 回答者アイコン

    本当にそれが出来たら日本でもフルーツや野菜がもっと安く手に入る時代が来るかもしれないね。

日本ではフルーツや野菜が高いですが、スマート農業が進歩すればもっと手軽にそれらが手に入る時代がくるのかもしれないですね。

スマート農業の類義語

スマート農業の類義語では、「スマートアグリ」「スマートアグリカルチャー」などがあります。

スマート農業まとめ

日本は食料自給率が低く、自分たちの国では自分たちの分の食料を補えません。日本のこの深刻な問題が色々な技術の発展により解決出来るかもしれません。そうなったらより住みやすく豊かな日本になっていくことでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事