スポーツ心臓はトレーニングによって作られる

スポーツ心臓(すぽーつしんぞう)

近年、健康意識の高まりによって、趣味に運動を取り入れる人や、ジムに通う人の数が大きく伸びています。趣味程度に運動を行う人と、プロのアスリートとでは心臓の大きさが異なる場合があるとご存知ですか。「スポーツ心臓」もしくは「スポーツ心臓症候群」と言われるのですが、今回はその「スポーツ心臓」について解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

スポーツ心臓の意味とは

スポーツ心臓とは、スポーツ選手によく見られる心臓の肥大のことです。心臓が大きくなることによって、一回の拍動でより多くの血液を送り出すことができます。これによって安静時の心拍数が低下しますが、激しい運動を日常的に行うアスリートであれば、正常な体の適応と言えます。逆に、運動週間のない人に対してこの症状が見られる場合は、「心疾患」として扱われ、治療が必要になる場合がある。

スポーツ心臓の由来

一般的な趣味程度の運動ではなく、強度の非常に高い運動を行うプロアスリート達によく見られる体の適応なので、「スポーツ心臓」と呼ばれています。

スポーツ心臓の文章・例文

運動習慣のない人の心臓は、スポーツ心臓とは言えないでしょう。スポーツ心臓の例文
アスリート達は日々の鍛錬によってスポーツ心臓を手に入れたスポーツ心臓の例文
スポーツ心臓は、より効率的な血液の供給を実現する。スポーツ心臓の例文
彼には心臓壁の肥大などの、スポーツ心臓の症状が見られた。スポーツ心臓の例文
並大抵の努力では、スポーツ心臓は手に入らない。スポーツ心臓の例文
とは言っても体の中の話なので、アスリート達自身でも自覚している人はほとんどいなさそうですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

スポーツ心臓の会話例

  • 質問者アイコン

    マラソン選手は特別体が大きいわけでもないのに、どうしてあんなに長時間ハイスピードで走り続けることが出来るのだろう。

  • 回答者アイコン

    それはおそらく、心臓が高強度の運動に適応するために起こる「スポーツ心臓」のおかげじゃないかな。

  • 質問者アイコン

    スポーツ心臓?僕ら一般人の心臓とは何が違うの?

  • 回答者アイコン

    プロのアスリート達は日頃から強度の高い運動をしているから、栄養やエネルギーを少しでも効率よく体全体に送るために心臓が強くなるんだよ。サイズが大きくなったり、心臓の壁が厚くなったりするんだよ。

私たちの体は運動や食事の習慣によって、私たちが普段見流ことができないところでも、様々な反応を起こして変化しています。

スポーツ心臓の類義語

「スポーツ心臓」の類義語としては、「肥大型心筋症」や「心不全」が挙げられます。

スポーツ心臓まとめ

「スポーツ心臓」はアスリート達が日々の鍛錬に適応するために起こるストレスへの応答反応で、彼らにとってはごく自然な正常な反応と言えるでしょう。しかし、運動習慣のない方に心臓の肥大や、安静時心拍数の低下や乱れが見られる場合は、「肥大型心筋症」や「不整脈」を示唆している場合もあるので注意が必要です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事