スピン報道のニュースを見かけた男性

スピン報道(すぴんほうどう)

「スピン報道」とは恥ずかしながら、私も最近までまったく知りませんでした。しかし、グーグルなどで検索をすると関連話題がいくつも登場します。簡単に言うと、政府主導でマスコミと協力し不都合話題を隠す大衆操作のようなものです。これだけでよく分からないので、より詳しく解説を始めさせて頂きます。

スピン報道の意味とは

「スピン報道」の意味は以下の通りとなります。
 (1)政権側に配慮した報道。権力者が有利になるよう、不都合な話題を少なくし代わりに話題となる別の報道を大々的に行い関心を逸らす。
 (2)現政権に不都合が生じたり、逆に人気を獲得したい時には、マスコミを利用して情報操作をする事。
 (3)一定の特権階級(上流階級)が有利になるよう偏ったニュースや情報を流すやり方を「スピン報道」、又は「スピン」と呼ぶ。

権力者に対して不都合が起こると、その話題から人々が忘れてもらう、関心を薄くする目的で別の話題を大々的に取り上げ報道する方法が「スピン報道」であり「スピン」と呼ばれます。この方法は昔からあったのですが、最近の安倍政権はより顕著で一部から大きな非難が出ています。しかし、この非難を打ち消すさらなる「スピン報道」がされるので、収拾がつかなくなっています。例えば、少し前なら北朝鮮のミサイル報道。ミサイル発射が強調されると、それに対抗する安倍政権の支持率が上昇するというものです。確かにミサイルは危機ですが、具体的に政権は何もしていないのに、報道で不安感を煽ると世論を誘導するだけで支持率が上がるのです。この時期に大きな話題となっていたのはモリカケ問題ですが、事の真偽はともかく、結果として公文書偽造した財務省幹部らは不起訴で、何の問題がなく終了。これらの一連の流れは、「スピン報道」と指摘されますし、否定されても仕方がないです。他にも、日産カルロスゴーン会長逮捕は外国人労働者の調査改ざん問題、有名芸能人の逮捕など、政権に問題が起こったり支持率が下がると、雲隠れのように大きな話題をぶつけてきます。単なる偶然という声もありますが、芸能人逮捕などは時期をコントロールして一番良いタイミングで計っているように見えてならないからです。典型的なのは日大アメフト部のタックル問題で、単なる試合中の一学生の反則行為をあそこまで延々と報道する意図は何なのか? その裏には、カジノ法案審議があり、その隠れ蓑として利用されたのです。

スピン報道の由来

「スピン報道」の「スピン」は、諸説ありますが球技のクリケットにおけるスピンボール投手が由来とされます。この投手の投球はスピンをかけて打者に打てないようにするのが得意で、それが人を欺く意味から、次第に報道における騙しや偏ったものに対して使われるようになりました。

スピン報道の文章・例文

例文1.スピン報道を信じるも信じないもそれぞれの自由だが、最近の報道があまりにも偏っているのは事実だ。
例文2.スピン報道を訴えるジャーナリストは厳しい立場に追い込まれる。逆に政権寄りジャーナリストが逮捕されない事案もあるようだ。
例文3.スピン報道は良くも悪くも、日本が二大政党になっていないからで片方が巨大政党で権力を担うと、バランスが崩れてしまう。
例文4.異論もあるだろうが、公文書を改ざんして逮捕されないどころか御咎めなしは流石にスピン報道と言われても反論できない。
例文5.マスコミは最早、正義を振りかざす気はなく、政権を陰から支え応援するスピン報道に躍起になっている。

「スピン報道」な現状を皮肉った例文です。

スピン報道の会話例

  • 質問者アイコン

    スピン報道って本当なの? どうも信じられないんだけど。マスコミは公平な存在じゃないの!

  • 回答者アイコン

    私も実際は分からないけど、疑わしいと感じる事はあるよね。

  • 質問者アイコン

    例えばどんな所?

  • 回答者アイコン

    だって、新聞社ってテレビ局でもあるでしょう。そこの社長や会長が総理官邸を訪れて食事を繰り返すって、異常じゃない。それに、新聞社の番記者だって、おいしい目玉記事が欲しいなら大臣などに媚びを売る必要がある。そんな状況があると、特権階級や情報を操作できる側が意図的に協力し合うって、ありそうだよね。

「スピン報道」について、男女が真剣に討論しています。

スピン報道の類義語

「スピン報道」の類義語には、「偏向報道」「プロパガンダ」などの言葉が挙げられます。

スピン報道まとめ

「スピン報道」は、権力者や政権が有利になるように偏った報道をしたり、政権が不利な話題を隠す為に他の話題を強調して何度も報道する事です。実際にはどこまでが「スピン報道」で、本当に意図があるのかなど当事者でないと分からないものですが、限りなく怪しいものはいくつもあります。その時々で犠牲になるように、有名人や芸能人逮捕の話題を繰り返されるので、ネットではスピンと皮肉やバカにされています。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事