スピンオフは英語でspinoff。

スピンオフ(spinoff)

スピンオフは副産物や派生したもののことです。よく映画やアニメ、小説などで人気になった作品は外伝や番外編などのスピンオフが登場することがあります。スピンオフは、元となった作品の主人公ではなく、仲間などのキャラクターに焦点が当てられることが多いです。そんなスピンオフという言葉について今回は説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

スピンオフの意味とは

スピンオフの意味は副産物や派生したもののことです。派生したものに対して使うことができます。特に、映画作品や会社の一部を分離して独立するさまや技術転用するさまを表す際に使われるので覚えておけるといいと思います。

スピンオフの由来

スピンオフの由来は英単語である「spinoff」にあるとされています。「spinoff」の「spin」は回転しているさまを表しており「off」は離れることを表しています。このことから回転して元となるものから離れていく様子から転じて派生したものを表す言葉として使われるようになったと考えることができます。

スピンオフの文章・例文

例文1.超大作SFのスピンオフ作品が来年上映されると知って喜ぶ。
例文2.人気作品は、多くのスピンオフ作品が展開される。
例文3.この技術をスピンオフして新たな製品を生み出すことによって利益をあげる。
例文4.大企業からスピンオフして一部の事業に特化したサービス開発を行う。
例文5.この作戦は従来の考え方をスピンオフしたものである。
これらからスピンオフは派生したものを表すには適した言葉です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

スピンオフの会話例

  • 質問者アイコン

    最近シリーズものの海外ドラマを見るのにハマっていてね。

  • 回答者アイコン

    それはいいね。でもシリーズものだと話数が多くて全て見きれなそうだね。

  • 質問者アイコン

    そうなんだよ。しかもスピンオフの作品も多いからね。

  • 回答者アイコン

    全部見ようと思ったら凄い時間がかかりそうだね。でも楽しいならそれだけコンテンツ量が豊富で嬉しいことだね。

これは、シリーズものの海外ドラマについて話している様子です。

スピンオフの類義語

スピンオフの類義語には、「外伝」「副産物」「派生現象」などがあります。

スピンオフまとめ

皆さんも一度はスピンオフという言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。特に映画作品などでスピンオフという単語を使うことがよくあります。意味を知らないと話しを理解できないということもあるので覚えておけるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事