ストーリーテリングを用いてわかりやすく説明する

ストーリーテリング(storytelling)

ストーリーテリングは相手に物事を伝える時に物語を引用して説明することです。相手に何かを説明するときには、考えていることを正確に伝えることが必要です。相手が理解できなければ説明しても意味がないです。そのため、具体例を出したり、統計データを利用したりするなどしてよりわかりやすく工夫をします。そんな説明の際に物語を引用する手法としてストーリーテリングというものがあります。今回はそんなストーリーテリングについて見ていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

ストーリーテリングの意味とは

ストーリーテリングの意味は相手に物事を伝える時に物語を引用して説明することです。また、ストーリーテリングで引用する物語というのは体験談であったり、エピソードであったり様々なものがあります。そのことを覚えておけるといいと思います。

ストーリーテリングの由来

ストーリーテリングの由来は「storytelling」にあるとされています。「storytelling」には読み聞かせといった意味があります。このことからストーリーテリングという言葉として使われるようになったと言われています。

ストーリーテリングの文章・例文

例文1.ストーリーテリングの手法を用いることによって聞き手の興味を引く。
例文2.このプロジェクトの有用性を示すためにストーリーテリングというように今までの体験談を交えて話しを進める。
例文3.製品のコンセプトをより顧客に魅力的に伝えるためにストーリーテリングの伝え方を工夫する。
例文4.プレゼンテーションにおいてストーリーテリングの手法を用いることは有用である。
例文5.彼はストーリーテリングで聞き手に印象をより深く持たせることが上手い。
これらからストーリーテリングは、相手に物事を伝える時に物語を引用して説明するさまを表す際に用いることができます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ストーリーテリングの会話例

  • 質問者アイコン

    プレゼンテーションで企画案の魅力をイマイチ上手く伝えられないんだけどどうすればいいかな。

  • 回答者アイコン

    そうだね。今ある問題とその問題を解決する方法を示すだけでなく、具体的なエピソードや体験談を交えつつ説明するのがいいと思うよ。

  • 質問者アイコン

    確かにそれは一理あるね。それが君が前に言っていたストーリーテリングという手法か。

  • 回答者アイコン

    そうだね。ストーリーテリングを用いれば、聞き手に印象深く伝えることができるからね。

これは、プレゼンテーションの伝え方について話している様子です。

ストーリーテリングの類義語

ストーリーテリングの類義語には、「電子紙芝居」「画劇」「デジタル紙芝居」などがあります。

ストーリーテリングまとめ

人に思っていることや考えていることを伝えるということは思っているよりも難しいです。それが大勢になればより困難になることだと思います。それは人それぞれ理解力が異なるからです。普段からストーリーテリングなどのように伝え方を工夫するよう考えて話せるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事