ストックの確認

ストック(stock)

「商品や消耗品などが足りないと困るので多めにストックしておく」など仕事をする人や家、職場のものを管理しているにとってはかなり馴染みのある言葉だと思います。間違えて使うことはほぼないとは思いますが、改めてこの「ストック」とはなにを指す言葉なのか確認を兼ねて解説していきたいと思います。

ストックの意味

1、(商品や消耗品の)在庫品や手持品の事、蓄えていたものを意味します。消耗品ならいつ使ってもいいようにもしくはいつ無くなってもいいように前以ていくつか用意しておく事を指し、商品が残ってしまった、もしくは発注しておいたものを次の販売に備えて置いておく事を言います。
2、スープの元にする、野菜や肉や骨の煮出し汁のこと。有名なスープ専門のチェーン店「Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)」のストックはこちらの意味になります。

ストックの由来

残念ながらこの言葉の由来などはありません。

ストックの文章・例文

例文1.ストックが残り一つになったからそろそろ発注しよう。
例文2.最近忙しくて夕飯を作る暇がないので休日下ごしらえした食材をストックしておいて、帰ったら焼いてお皿に盛るだけにしている
例文3.いつ友人が遊びきてもいいように家にお菓子をいくつもストックしてある
例文4.靴下やストッキングはすぐに無くしたり破れたりするので大量にストックしている
例文5.想像以上にお客さんが多かったが商品をストックしておいたおかげで全員に渡すことができた
何かに備えてストックしておくというのは、場所を取ってしまいますが万が一があった時のためにいい策だと思います。

ストックの会話例

  • 質問者アイコン

    さっきのお客さんでA賞の景品終わっちゃったよね?まだ夕方前なのに、夜来た人残念だよなぁ。

  • 回答者アイコン

    あぁ、確かそういう時のために少しだけストックがあるんですよ
    結構人気のコラボだからって店長が多めに頼んでました。

  • 質問者アイコン

    そうなの?良かった。それでも足りないかもしれないけど、少しの間は安心だね。

  • 回答者アイコン

    そうですね、やっぱりはるばる足を運んでくれたお客さんにがっかりした顔させたくないですもんね。

ストックをしておいて良かったという話です。

ストックの類義語

ストックの類義語には「在庫品」「備える」「物資」などが挙げられます。

ストックまとめ

意味は違うので簡単な紹介になるのですが、ストックというアブラナ科のお花があるのだそうです。ちなみに花言葉は「永遠の美」「愛情の絆」「求愛」になります。
「ストック」という言葉について解説してきましたが、いかがでしたか?生活において必要な消耗品などは使いたい時にないと大変困るので多めにストックしておいて損はないのではないでしょうか。「在庫」というより馴染みやすく使いやすいと思いますのでぜひ「ストック」使ってみてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事