ステマ

ステマは一時期芸能人や有名人を利用して行われて、広く社会にその名を知らしめることになり、一時は社会問題にもなりました。現在は減少中ではありますが、広告手法としてはいまなお使われていますが、使い方によっては企業やサービスが致命的なダメージを受けるケースもあります。

ステマの意味とは

ステマは英語の「Stealth Marketing」から来ており、ステルスマーケティングを略してステマと言われています。消費者に対して宣伝ある事を悟らせずに広告・宣伝する手法です。

ステマの由来

ステマの由来はインターネットの普及やメディアの普及により、日本だけではなく、欧米各国でも取り入れられた手法でしたが、行き過ぎた手法になり、非難が相次ぎました。消費者保護の観点からイギリスでは違法であると規定されたり、アメリカでもガイドラインが新設されています。

ステマの文章・例文

例文1.ステマはコンプライアンスの観点から避けるべきだ
例文2.日本の芸能界でもステマが大きな問題となった
例文3.ステマによって消費者が不利益を被る恐れがある
例文4.モラルの観点からもステマは批判を浴びている
例文5.ペニーオークション詐欺もステマによるものである
日本では法的な規制は存在していませんが、消費者団体などからステマについては厳しい声が寄せられます。さらにステマを行うメリットよりも現在は企業・商品・サービスに対する信頼を損なる事に繋がる為、意図的に避けている企業が多くなっています。

ステマの類義語

ステマの類義語としては「サクラ」や「仕込み」「ゲリラマーケティング」などがあげられます。反義語としては「ダイレクトマーケティング」となります。

ステマまとめ

日本ではペニーオークション詐欺事件で多くの芸能人、詐欺に加担したことで信頼・信用を失い、結果としてCMやドラマ、バラエティから姿を消していきました。アメリカでも同様にアカデミー賞のスポンサーであるサムスンのステマが問題(授賞式で意図的にサムスンのスマートフォンを使っていたが、本来はiPhoneユーザーであった)などという企業や個人が信用を大きく損ねました。今後は信用がビジネスになっていく時代の為、ステマの様な手法は衰退していく事は間違いないでしょう。

この記事を読んでいる人に人気の記事