スコープ(scope)

「スコープ」とは、ビジネスで用いられる言葉で、範囲や領域という意味があります。例えば、1日で行う作業を作業のスコープなどという使い方をします。それでは、「スコープ」について解説いたします。

[adstext]
[ads]

スコープの意味とは

「スコープ」の意味は以下の通りです。
・能力や理解などが及ぶ範囲、視野
・(プログラミングで、関数や変数を選択する)範囲
・(教育課程における修学の)領域
・基準となる範囲や領域
・銃器の照準器
ビジネス面以外にも、「スコープ」には様々な意味があります。
光学機械の「ファイバースコープ」や、大型映画の方式の一つである「シネマスコープ」というものもあり、聞き覚えもあるのではないでしょうか。よく海外映画などでは、スナイパーがスコープを用いて照準を合わせ遠く離れた位置から射撃するなんてシーンも印象にあると思います。スコープは、領域や範囲という意味意外にも様々な意味を持っています。

スコープの由来

「スコープ」は“範囲”という意味の英語「scope」が語源となっており、そのまま日本語になりました。

スコープの文章・例文

例文1.スコープはビジネスシーンで用いられる言葉だ。
例文2.選択したデータはスコープ外だったため、該当しない。
例文3.プログラミングにおいてスコープを選択する。
例文4.この映画はシネマスコープが導入されている。
例文5.映画で、スナイパーがスコープで照準を合わせるシーンには目が離せない。
「スコープ」についての例文でした。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

スコープの会話例

  • 質問者アイコン

    今日の作業工程って把握してる?

  • 回答者アイコン

    まだ把握していないです。

  • 質問者アイコン

    先にスコープ管理しておくことが作業効率にもつながるから、ちゃんと把握しておいてね。

  • 回答者アイコン

    わかりました。

とある現場での会話の風景です。ビジネス面においてスコープを管理することは大切なことですね。

スコープの類義語

「スコープ」の類義語は、「レンジ」「範囲」「領域」などです。

スコープまとめ

「スコープ」とは、範囲や領域を示す意味の言葉でした。主にビジネスシーンなどで使われるので、覚えておくと良いかもしれないですね

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事