スケールメリットとは企業をスケールアップすることで得られるメリットという意味になります。

スケールメリット(Scale merit)

ビジネス用語にはスケールメリットという言葉があります。たとえ小規模であっても、事業を持っている人にとっては関係のある言葉です。スケールメリットの意味や使い方を見ていきましょう。

スケールメリットの意味とは

スケールメリットはもともと英語ではなく、日本で作られた和製英語です。そのまま読むと「企業をスケールアップすることで得られるメリット」という意味になります。
日本語に直すと「規模の経済」となり、これの意味は正確には「規模拡大によって得られるコストパフォーマンスの向上」を指しています。
企業規模の拡大によって得られるメリットは様々です。純粋な販売エリア・顧客の拡大は当然ながら、知名度が向上し、競合への優位性が高まります。しかし一番の肝は、単純に生産量が増えるだけでなく、仕入れや運送、生産、広告のコスパが向上することにあります。これこそがスケールメリットです。
なぜ規模の拡大によりコスパが良くなるかというと、1人暮らしだと食費が高くつくのに比べ、ある程度家族がいる方が意外と食費のコスパが良くなるのと同じ原理です。生産の固定費が同じであれば、生産量は上げれば上げるほどコスパが良くなるのです。ただし、生産量を挙げる際に固定費もどんどん上がってしまうのであれば、それはスケールメリットとは呼べないので注意しましょう。

スケールメリットの由来

スケールメリットの由来はよくわかってはいませんが、英語では「Economies of scale」となります。スケールによる経済性という意味になるでしょう。

スケールメリットの文章・例文

例文1.スケールメリットによる生産コストの減少を綿密に計算する
例文2.思ったほどスケールメリットが得られず、固定費が増大した
例文3.今年度は店舗数の増加、店舗の拡大によるスケールメリット獲得を目指す
例文4.ラインの自動化とともに工場を拡大し、スケールメリットを得る
例文5.彼はスケールメリットの使い方を間違えている 。なんでもかんでも増やせばいいものじゃない
スケールメリットという時、それが何を指しているか、しっかり把握しましょう。

スケールメリットの会話例

  • 質問者アイコン

    工場のラインを増やす計画はまとまりそうですか?

  • 回答者アイコン

    ええ、スケールメリットを散々説明して、ようやく承認してくれました。

  • 質問者アイコン

    あとは、人員の配置を間に合わせなければいけませんね。

  • 回答者アイコン

    そうですね。今までの社員のローテーションを見直した上で、パートを募集しましょう。

製造業などの業種ではスケールメリットは特に重要です。

スケールメリットの類義語

スケールメリットの類義語として「シナジー効果」があります。ただし、これは似ていますが全く違う意味を持っています。スケールメリットは同一事業の規模拡大であるのに対し、シナジー効果は別事業が相乗効果を発揮するものだからです。

スケールメリットまとめ

ここまで、スケールメリットについて見てきました。スケールメリットを見込む力がある企業は、上手にその利点を生かすことができるでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事