仕事の失敗を全てスケープゴートされる

スケープゴート(scapegoat)

「スケープゴート」という言葉の意味をご存知でしょうか?色々なところで耳にする言葉ですが、知らない方も多いのではないのでしょうか?今回は「スケープゴート」について詳しくご紹介していきます。

[adstext]
[ads]

スケープゴートの意味とは

「スケープゴート」とは、責任を転嫁するための「生贄」や「身代わり」という意味をもつ言葉です。英語表記だと「scapegoat」となります。

スケープゴートの由来

「スケープゴート」の「スケープ(scape)」は「逃れる」、「ゴート(goat)」は「ヤギ」という意味です。この「スケープゴート」は旧約聖書の「罪を償うためにヤギに罪を背負わせ、野に放った」という故事から生まれた言葉で、現在では人々の怒りや不満を解決するために、代わりに攻撃のターゲットにされてしまう人や集団などのことをさします。

スケープゴートの文章・例文

例文1.第二次世界大戦中にナチスがユダヤ人に対して行ったホロコーストは、スケープゴートの一例として挙げられる。
例文2.新型ウイルスの影響で不安定な状況が続く中、人々は心の安寧を取り戻そうとスケープゴートの対象を探しているようだ。
例文3.スケープゴートは「何が原因なのか」よりも「誰が悪いのか」が追及される。
例文4.スケープゴートをテーマにした本を読んだ。
例文5.スケープゴートは個人の場合もあれば、民族などの集団で起こる場合もある。
無意識のうちに起こることが多いようです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

スケープゴートの会話例

  • 質問者アイコン

    スケープゴートって元々はヤギに罪を背負わせて野に放ったことを指すみたいだね。

  • 回答者アイコン

    うん。でも、現代のスケープゴートは人や集団を指して使われるよ。

  • 質問者アイコン

    ストレスや不安で誰かに当たってしまうのは良くないよね。

  • 回答者アイコン

    無意識のうちに大勢の人が特定の人をターゲットにして非難する。それがスケープゴートよ。

自分の心の平穏を取り戻すため誰かを生贄にするという現象が様々な場所で起こっています。

スケープゴートの類義語

「スケープゴート」と関連する言葉には「いじめ」「生贄」「差別」「贖罪」などがあります。

スケープゴートまとめ

今回は「スケープゴート」について詳しくご紹介していきました。
スケープゴートは様々なケースが考えられ、「いじめ」もその1つであると言えます。いじめられっ子というスケープゴートの存在によってその学級は各々の怒りや不満を解消し、安寧が保たれている可能性があるのです。そして、そのいじめられっ子が何らかの理由でいなくなった場合、次のスケープゴートとして別の生徒がいじめられる可能性が高いのです。
スケープゴートは、無意識のうちに引き起こされることが多いため、完全になくすということは難しいかもしれません。
しかし、1人1人が自分と向き合い気持ちをコントロールしたり、偏見を持つことをやめることで、最小限におさえられるかもしれません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事