スキッパー被害にあう

スキッパー(skipper)

当たり前のことですが、世の中の大半のサービスや商品に対して適正な価格というものが設定されています。中には、金額に見合っていないサービス・商品もあります。それでも、サービスを受けても金額を支払わない、商品を受け取っても金額を支払わなくても良いということにはなりません。今回はそうしたことに関連した言葉で「スキッパー」という言葉に関して解説をしていきたいと思います。

スキッパーの意味とは

スキッパーとは、ホテルや旅館に宿泊しておきながら、その代金を払わずに逃げてしまう者のことをさします。宿泊代金の踏み倒しにあたるので、れっきとした犯罪行為です。そんなことがあるのかと思いますが、世界中で見ても頻繁に横行している傾向にあります。
特に、犯罪の形式上、料金後払い形式のホテルや旅館が犯罪の的になるようです。

スキッパーの由来

スキッパーとは、英語の「skip off=逃亡する」というところからきている言葉になります。単純に逃亡するという意味であれば、宿泊でなくても対象になりそうな気もしますね。

スキッパーの文章・例文

例文1.スキッパーはれっきとした犯罪行為にあたる
例文2.またスキッパーにあったホテルがあるらしい
例文3.スキッパーの行為は信じられない
例文4.スキッパーはいなくなってほしい
例文5.スキッパーによる被害はどのくらいなんだろう
言葉の意味自体がとても限定的なので、使うタイミング等は少ないかもしれませんが、意味だけでも理解しておくのは良いかもしれませんね。続いて、会話の中ではどういう使い方をするのかも見てみましょう。

スキッパーの会話例

  • 質問者アイコン

    熱海の旅館でスキッパー事件があったらしいよ!

  • 回答者アイコン

    ありえないですね!
    サービス受けてお金払わないとか!

  • 質問者アイコン

    ほんとだね。料金先払いにしちゃえば良いんじゃないかな?

  • 回答者アイコン

    そういうホテルとか旅館も結構あるみたいですけど、後払いのところを狙ってるんじゃないですか?

会話としても、このような感じの使い方になりますね。

スキッパーの類義語

スキッパーが宿泊代金の踏み倒しを表すのであれば、飲食代金の踏み倒しを「無銭飲食」や「食い逃げ」と表現するので、スキッパーと近いニュアンスの言葉になるかと思います。

スキッパーまとめ

実際、日本国内でもスキッパー被害というのは多発しているようで、業界関係者の方には気をつけていただきたいですね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事