スウェットショップで過重労働を強いられる

スウェットショップ(Sweat shop)

スウェットショップという言葉の意味をきちんと理解している事は少ないかもしれません。このスウェットショップの意味を例文や類義語を交えて詳しく説明していきます。今後社会で広く使われる可能性もあるので、しっかりと覚えておきましょう。

スウェットショップの意味とは

スウェットショップの意味とは、簡単に言うと、悪条件の中で働かせるという事です。それは環境だったり低賃金であったりします。今でもこのような企業はたくさんあります。特に海外の途上国で小さな子ども達がそういった状況になっている事は問題になっており、改善が求められています。

スウェットショップの由来

スウェットショップはそのまま訳すると「汗のお店」となりますが、実際は低賃金であったり酷い条件で労働者を雇う事です。確かに意味合いでは労働者の汗を搾り取るという事ですから意味的には合っています。

スウェットショップの文章・例文

例文1.スウェットショップで1週間働いた感想をお互いに言いあう
例文2.スウェットショップは社会的な問題になりつつある
例文3.スウェットショップの労働条件に反対する労働者
例文4.スウェットショップが沢山の労働者の汗を吸い取って行く
例文5.まともじゃないスウェットショップは改善をしていく必要がある
スウェットショップは雇っている側が得するだけであって、労働者にはメリットが全くありません。このような会社で一生懸命働いて体を壊してしまっては元も子もないです。どうせ働くのでしたら、給料と労働のバランスが取れている所がいいですね。

スウェットショップの会話例

  • 質問者アイコン

    雇用者と労働者の関係は今後改善していく必要があると思う。

  • 回答者アイコン

    スウェットショップの様に社会問題になる事もあるし、一部だけが富を集約させる考え方は改めた方がいいですね。

  • 質問者アイコン

    そう!発展途上国の子供たちがスウェットショップによって、劣悪な環境で低賃金で働かされている現状は、どうにか改善するす必要がある。

  • 回答者アイコン

    広い視野で社会や世界を見て、出来る事から改善をしていきましょう。

スウェットショップは発展途上国では頻繁に起きている世界規模の問題であり、貧困や教育、医療など様々な問題が混在しています。そういった部分にも先進国である豊かな日本は目を向けていく必要があるでしょう。

スウェットショップの類義語

スウェットショップの類義語は、「ブラック企業」が挙げられます。劣悪な状況での労働をさせたり、対価が支払われない企業を指します。

スウェットショップまとめ

スウェットショップは低賃金で、人間とは思えないぐらい働かせます。言葉は悪いですが非人道的です。これは社会問題にもなっている重大な問題です。でも、このようなスウェットショップが今でもあるのは、そのような所でしか雇ってもらえなく生活苦でいくらスウェットショップだとしても働くしかないと言う人が多いからです。そこには教育や医療など様々な問題が根強く残っており、それをしっかりと考えた上で、対応策を考えていく必要があるのではないでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事