スイングトレードを行って取引する

スイングトレード(swing trade)

株やFXの取引においていくつかの手法がありますが、その中でも一番好まれる手法が「スイングトレード」ではないでしょうか? 程よい日数を保有して利益がある程度出てから決済するので、サラリーマンなど時間が取れない投資家から好まれるのがその理由です。「スイングトレード」だけでなく、他の手法とも絡めてその違いなどを説明させて頂きます。

[adstext]
[ads]

スイングトレードの意味とは

「スイングトレード」の意味は以下の通りとなります。
(1)金融商品の売買手法の一つで、数日から10日程度の短期間の新規注文と決済注文の売買を繰り返す方法。
(2)短期投資の一つで、株やFXなど流動性が高い商品の銘柄を数日から長くても10日間程度保有し、細かな利益を狙う手法。チャートや相場の動きから、次々と銘柄を変える事から投機的な手法とも位置付けられる。

金融商品の取引における売買は、一般的には長期投資と短期投資、または中長期投資と短期投資に分けられる。長期投資とは数か月やそれ以上のスパンで取引や決済判断するもので、将来的な成長を見込んだものです。中期投資も同じ様な考えで、数週間以上から数か月程度は保有します。しかし、短期投資とは保有する期間が短いので、投機的な手法と扱われます。短期投資の場合は、数日から10日程度は保有する「スイングトレード」や、数十分から数時間程度の保有でそれを一日に何度も取引を繰り返す「デイトレード」、数秒から数分の取引を一日に何度も繰り返す「スキャルピング」という手法に分けられます。よって、場合によっては時間概念やそれぞれの考え方によって、「スイングトレード」を中期取引としたり、短期取引に扱わない場合もありますが、本質的な違いはありません。飽く迄も値動きがある程度ある流動性ある金融商品を、数日から10日前後以内には決済するのが「スイングトレード」と呼ばれる手法です。別角度から見ると、「デイトレード」に該当するのは、翌日までポジションを持ち越さない(保有しない)ので、決済まで二日以上を擁するなら「スイングトレード」で、数か月以上要するのが長期投資や中長期投資です。

スイングトレードの由来

「スイングトレード」は投資用語の中でも、比較的に最近の言葉です。それは、それまで投資や取引とは、イコール長期投資と広く認識されていたからです。ネットが普及するまでは、店頭による対面販売か電話でしか注文ができず、それには手数料が割高なので、何度も繰り返し新規注文や決済注文を入れるのは面倒であり損をするだけだったのです。しかし、ネット証券の普及で手数料が安くなった事や、誰もが簡単にチャートを見られるようになると、それぞれが売買タイミングを独自に判断し、そこで短期的な手法がブームとなっていきました。日本では1990年代の後半から株やFX取引で「スイングトレード」が持て囃され、この手法を独自解説した有名投資家のラリー・ウィリアムズ氏の書籍なども人気となりました。

スイングトレードの文章・例文

例文1.スイングトレードはサラリーマン向けの投資スタイルだ。
例文2.暴落や暴騰は数日程度続く事もあるので、最も効率良く稼げる手法としてスイングトレードが注目されている。
例文3.スキャルやデイトレードは難しいし、長期投資は塩漬けとなるのでスイングトレードのバランスが個人投資家向きである。
例文4.日本の場合はネットが普及し始めた頃、スイングトレードで大儲けした有名な個人投資家が何人もいるので、それが今でも信仰されている理由だ。
例文5.FXに比べて株はまだ手数料が高いので、スイングトレードはお勧めできる良さがある。

「スイングトレード」の特長やメリットについての文章です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

スイングトレードの会話例

  • 質問者アイコン

    昼間は働きながら、夜はデイトレードやスキャルピングを繰り返す投資生活。これって、本当に大変だし精神的にきついねー。

  • 回答者アイコン

    そうでしょう。投資を始める前は、仕事と投資の両方で稼げると思うけど、現実は難しいよねー。

  • 質問者アイコン

    そうなんです。仕事終わりに、夜9時頃からFX取引をすると、疲れもあって精神力が持続しないし、気が付くとナンピンとかして損が膨らむ悪循環です。

  • 回答者アイコン

    ねえ、思ったんだけど、無理してデイトレやスキャルはしなくて良いんじゃない。それよりも、一週間ぐらいは保有するスイングトレードの方が精神的に楽だから、おすすめするよ。

デイトレードやスキャルピングで疲弊している男性に、「スイングトレード」を勧めるという会話です。

スイングトレードの類義語

「スイングトレード」の類義語には、「デイトレード」「スキャルピング」などの言葉が挙げられます。

スイングトレードまとめ

「スイングトレード」とは、株やFXなどの取引における売買手法の一つで、数日から10日程度の短期間の売買を繰り返す方法です。一日に何度も取引を繰り返すデイトレードやスキャルピングよりも楽であり精神的にも余裕がある事から、時間がないサラリーマン向けの手法として非常に人気があります。日本では、ネット証券の普及で株やFXがブームになった時は、「スイングトレード」を用いて億万長者となった勝ち組トレーダーが多い事から、今でもこの手法は根強く支持されています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事