ジャストアイディアが浮かぶ

ジャストアイディア(just idea)

何時間考えても、どうしてもいい考えが浮かばない時ってありますよね。逆に気分転換したり、リラックスしていたりするとふといいアイディアが浮かぶことがありますよね。
いいアイディアというのはなかなか思いつくことはないですね。そんな時にアイディアが思いついてぴったりな時には、ジャストアイディアという言葉が使われます。
今回はそんなジャストアイディアについて解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

ジャストアイディアの意味

ジャストアイディアの意味は思いつきという意味です。

ジャストアイディアの由来

ジャストアイディアは、英単語の(just idea)です。

ジャストアイディアの文章・例文

例文1.新しいサービスの考えが浮かばず、難航をしていたが、ジャストアイディアのおかげで無事会議を終えることができた
例文2.八方塞がりの状態からジャストアイディアによって抜け出す
例文3.自分の意見はまさにジャストアイディアであったがいい意見であった
例文4.ジャストアイディアはふとした瞬間に思いつく
例文5.ジャストアイディアを提案したが、あまりに無根拠なので却下された
ジャストアイディアはビジネスシーンでも多く使われることがありますよね。ですから、覚えておいて損はないのでしょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ジャストアイディアの会話例

  • 質問者アイコン

    この新しいサービスの今後の展開について意見がある人はいますか。

  • 回答者アイコン

    はい。ジャストアイディアなのですがよろしいでしょうか。サービスの差別化を図るのが売上向上の秘訣だと思います。具体的にはターゲット層に特化した機能の実装です。

  • 質問者アイコン

    それは、いいですね。サービスを展開するとともに自社だけのサービスとして売り出すことができます。

  • 回答者アイコン

    ありがとうございます。でしたら今度その詳細内容についてプレゼンさせていただきます。

意識高い系大学生などは、ジャストアイディアなどの単語を使うことが多いです。それだけ使う場面があるという単語なのです。意味を知らないで会話についていけないということが無いように覚えておきましょう。

ジャストアイディアの類義語

ジャストアイディアの関連語としては「イノベーション」「コンティンジェンシー」などがあげられます。

ジャストアイディアまとめ

今日は、日常会話でも多くの英語そのまま使われることが多いです。ビジネスシーンでも然りであり、多く使われることがあります。それはビジネスシーンにおいてアイディアを出し合う場面が多くあるからです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事